グーグルアドセンスで一般的なクリック率を上回るには?

長期的にブログを運営していると、数あるブログの中で、自分のgoogleアドセンスクリック率は平均の上なのか?下なのか?気になる時期がやってきます。

もし平均を下回るようなブログであれば、早急に改善する必要がありますし、逆に上回っているのであれば、自分のブログ運営方法は正しいという一つの指針になります。

ある程度のアクセスを集めるまでは、このアドセンスのクリック率はそこまで重要視する必要はありませんが、一定のアクセスを集められるようになれば、ちゃんとしたデータを取り、日々クリック率の改善をしていく必要があります。

ここでは一般的なアドセンスのクリック率の平均、そしてクリック率を上げるための極意まで余すことなくお伝えしていきたいと思います。

アクセスを増やすよりクリック率を上げよう

ブログ初心者であれば、まずはブログにアクセスを集めることを目標としていきましょう。しかし複数のブログを運営したり、一つのブログがある程度育ってきたら、早急にアドセンスのクリック率の改善をする必要があります。

というのも、アクセスをたくさん集めるよりもアドセンスのクリック率を上げた方が、効率よく収益を伸ばすことができるからです。

例えばあなたのブログのアドセンスクリック率が1%だったとしましょう。アクセスを1日に1万PV集めることができて、1クリック30円の単価の広告を配置したとします。そうすると

10000(PV)×0.1(クリック率)×30(広告単価)=3000円

という計算になります。しかしクリック率が半分の0.5%だった場合

10000(PV)×0.05(クリック率)×30(広告単価)=1500円

このように収益が半分にも落ちてしまうのです。かなり雑な計算ではありますが、このようにクリック率が低いと、クリック率が高いサイトに追いつくためには倍以上のアクセスを集めなければならない場合もあります。

大量のアクセスを集め続けるのは難しいですから、それならば自分の手で修正できるクリック率を上げた方が圧倒的に効率が良いのです。本音としては、アクセス数+クリック率の両方をアップさせてほしいんですけどね。

アドセンスのクリック率の平均はどれくらい?

このアドセンスのクリック率というのは、ジャンルによって全く異なりますので、一言で平均を出すことは難しいです。

しかし一般的には、アドセンスのクリック率の平均は『1%前後』だと言われていますので、100アクセスを集めれば1クリックされるのが基本となります。そもそもこのクリック率というのは

PV÷クリック数

で計算されています。アドセンス報酬に関しては、このクリック率と広告単価を掛けた数字となりますので、表示される広告によっても報酬は大きく変わっていくのです。

クリック率を上げる具体的な方法

アドセンスの基本的な仕組みを解説したところで『じゃあどうやったらクリック率を上げられるの?』という具体的な部分を掘り下げていきましょう。

実際にネット上ではクリック率を上げるための方法はたくさん紹介されていますが、ここではクリック率を上げるための方法に加えて『アドセンス広告がクリックされる本質的な部分』も分かりやすく解説していきます。

結局広告をクリックしているのは『人』ですから、この人が何を考えているかを知ることができればクリック率を上げることはそう難しくはありませんよ。

クリック率の高い広告を選ぶ

まずクリック率を上げる手軽な方法としては、最初に『クリック率の高い広告を選ぶ』ことです。広告を出している企業側も、自社の商品をなるべく多くの人に買ってもらいたいですから、日々広告の成約率を検証し、改善をしています。

クリック率を上げるために一番注意しなければならないのは『広告の数が少ないジャンルを選定しない』ことです。広告の数が少ないということは、そのジャンルでは広告を出しても利益を出すのが難しいと言っているようなものですから、当然クリック率も下がります。

逆に良い広告がひしめき合っているようなジャンルに関しては、広告を出すことで利益を出せるジャンルになりますから、当然アドセンスのクリック率も高くなるのです。

ちなみにアドセンスの提供している広告にはイメージ広告・テキスト広告がありますが、これはどちらかに絞るのではなく、両方の広告を掲載した方がデータが良いですよ。これは私の検証結果なので、まずは自分のサイトで実際にクリック率を計測してみてください。

ユーザーの滞在時間を延ばす

広告をクリックしてもらうということは、今自分のブログに掲載されている広告をユーザーに見ていただかなければなりません。

実際にユーザーの動きを全て見ることができるツールであるユーザーヒートマップを使ってみると、記事の最後まで読んでいるユーザーがほとんどいないことに気づきます。そうなると、広告を見てもらえる回数も減ることになりますので、広告配置を工夫したとしてもクリック率を上げることはできないのです。

まず自分の記事を読んでもらうために一生懸命に書き、ユーザーが求める情報が書かれている関連記事のリンクを付けて内部リンクを充実させたり、記事下に関連記事を表示させるなどしてユーザーの滞在時間を伸ばす工夫をしていきましょう。

そうすると、自然とPVも上がりますので広告を見てもらえる回数も増やすことができるのです。

誰でもできることではあるのですが、この基本的なポイントをおろそかにしている人はとても多い印象を受けます。

広告の配置を工夫する

自分の記事を読んでもらえる工夫ができれば、そこからよりクリック率の高い広告の配置を考えていきましょう。これに関しては、まず自分で一度クリック率のデータを取らなければピンと来ないでしょう。

実際にアドセンス広告を掲載すると、記事下のクリック率が一番高いことに気づきます。これはユーザーの心理を考えると分かりやすいです。

まずあなたのサイトにユーザーが訪れると、最初にタイトルを見ることになります。そこから記事上に広告を配置していれば、まず最初に広告を見ることになります(ここはある程度のクリック率は取れますが、記事にアクセスしてすぐに見える広告は規約違反になるので注意が必要)。

そこからユーザーが知りたい情報が書かれているか確認するため記事を読んでいき、自分が欲しい情報が得られれば途中でユーザーは離脱します。その離脱する際のユーザーを逃さないために記事中にいくつか広告を配置しておくのが理想ですね。

あなたの記事に価値を感じ、最後まで記事を読んで頂けるユーザーに関しては、一通り読み終わった後気持ちよくあなたの記事を離脱します。その時記事下に広告が貼り付けられていれば、離脱する前に広告をクリックする可能性が高いのです。

自分の知りたい情報を得られて、尚且つ記事下に広告が掲載されていれば、自分の興味ある商品の情報も欲しいと考えるため自然とクリックしてくれる率が高いのです。

テレビを見ても分かりますが、番組終了後はたくさんのCMが流れると思います。興味があればそちらも確認してみてください。

スマホで自分のサイトがどう見られているのかを知る

最近では、ほとんどの人がパソコンではなくスマホから情報を取り入れています。おそらくあなたがブログを書いているのはパソコンからだと思いますが、パソコン画面とスマホ画面ではブログの表示が全く違いますから、スマホ画面での表示を確認しないとクリック率の低いブログになってしまう可能性があります。

例えばパソコンでは綺麗に表示されたサイトなのに、スマホだと改行が詰まってしまい読みづらいというパターンがあります。あなたが感じていることと、ユーザーが感じていることは一緒なので、読みづらい記事に関してはユーザーも早々と離脱する可能性が高いのです。

先ほどもお伝えした通り、ユーザーの滞在時間が短ければ広告のクリック率も下がりますので、スマホで自分のサイトがどう見られているのか?ここもしっかりと確認しておきましょう。

ちなみにパソコンの画面で自分のサイトを縦長に表示すれば、それがスマホ画面と同じになります。

アドセンスのクリック率を上げる方法

色々とクリック率を上げる方法をご紹介してきましたが、これらの方法は『すでにあなたが運営しているサイト』でも簡単に取り入れられる方法です。日々のデータをチェックし、どうやったらクリック率の高いサイトを作れるのかを日々改善していくことが重要です。

既存のサイトの対策はこれで問題ないですが、ではもしこれから新しいサイトを作る場合『最初からクリック率の高いサイト』を運営するための究極の方法をあなたに伝授したいと思います。

この方法を実践すると、一般の平均的なクリック率を大きく上回ることができますよ。

若者をターゲットにしない

まず一つ目の方法としては『若者をターゲットにサイトを作らない』ということです。現代の若者というのは、インターネットという文化を当たり前のように使いこなしています。そうなると、自然とネット上の広告を見る回数も増えるため、安易に広告をクリックするようなことはありません。

本当に興味のある広告であればクリックすることはありますが、それでも平均的にクリック率が低い属性と言われています。クリック率の高いサイトを運営する鉄則としては『年配の方をターゲットに設定する』ことです。

言い方は悪いかもしれませんが、年配の方はインターネットという文化のない人生を過ごしていた方が大半です。そのため、ITリテラシーもそこまで高くなく、広告のクリック率も比較的高いと言われています。

今後サイト運営するのであれば、年配の方に求められるようなサイトを作ることで、クリック率を上げることができるのです。

クリック率の高いジャンルを狙う

これは先ほどの内容と被るかもしれませんが、ジャンルによっては1つのクリック単価が大きく変わります。ここでジャンルをバラしてしまいますが、一般的にクリック単価が高いと言われている業界は

婚活

転職

不動産

金融

美容整形

占い

などです。これらの市場はクリック単価が高いだけあって、上位表示されているサイトのほとんどが企業サイトになります。考え方としては

クリック単価が高いジャンル=ライバルが強い

クリック単価が低いジャンル=ライバルが弱い

になります。どちらを攻めるのかはその人の自由ではありますが、クリック単価が高いジャンルを狙ったとしても、自分のサイトが全く上位表示されないのであれば、全く稼ぐことはできません。

逆にクリック単価が低くてもアクセスを集めることができれば、そこそこ収益を出すことは可能です。

初心者は後者、上級者は前者を選ぶのがこの業界のセオリーとなりますので、今自分が持っているスキルではどこで戦うのがベストなのかを考えておきましょう。

データ取りの鬼になる

何か新しいことを始める際には、必ずデータを鬼のように収集します。

そこから導き出された自分なりの答えをもとにしてビジネスを展開していくため、この業界で一番の宝は、お金ではなく『データ』です。

このデータさえ持っていれば無一文になったとしても、お金を稼ぐことには困りませんから、とにかくここを最重要視していただきたいのが私の本音です。

もしかしたらデータの重要性にピンとこないかもしれませんが、ある程度スキルが身についてくると『いかにデータが重要であるか?』が分かるようになるでしょう。

今後この業界で大きく成功したいのであれば、必ずデータとりの鬼となりましょう。

クリック率0.1%アップの効果は凄まじい

一般的に見れば、クリック率が0.1%上がるというのは大した数字には見えないかもしれませんが、この先この業界で大きな金額を稼ごうとするのであれば、この0.1 %の威力を甘く見てはいけませんよ。

まずインターネットを使ったビジネスに関しては、そもそもの母数が違いますので、0.1%の上昇でも相当な収益を得ることができます。

今回お伝えしているgoogleアドセンスで考えてみても分かりますが、1日1万PV集めることができるサイトを持っている場合、広告単価が30円でクリック率が1%であれば1日3000円の収益を出すことができます。

もしここでクリック率を改善していき1.1%のクリック率に上げることができれば、1日の報酬が3300円になるのです。これが1月続けば、それだけで月に9000円もの報酬の違いが出るのです。

今回の内容をお伝えしているのも、アクセスアップばかりに囚われて、肝心のクリック率の改善に力を入れている人があまりにも少なかったことが一つの理由でした。ちょっとした工夫でアドセンスのクリック率は上げることができますので、面倒臭がらずに、まずは自分のサイトのデータ収集から始めていきましょう。

まとめ

クリック率を0.1%変えるだけでもあなたの収益は大きく変わってきます。今回はgoogleアドセンス広告の話をしましたが、これは商品を扱うときでも一緒です。

1万円の商品を売れば、クリック率が0.1%変わるだけで月の報酬が万単位で変わってきます。これは全てデータを収集することで改善することが可能なので、意識すれば誰でもできることです。

ただ、ほかのサイトを運営しているライバルのほとんどは、このような細かいポイントを意識していません。ということは、一般的な平均クリック率は当てにならず、自分で工夫さえすれば高いクリック率を出すことは可能だということになります。

常識にとらわれずに、自分で取ったデータを元に、最も良い結果を出せるようなサイト作りをしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)