All in One SEO Packの設定と使い方

All in One SEO Packを入れたものの適当に設定してしまってないですか?

当プラグインは導入するだけでなく、初期設定をしなければあまり意味がありません。

ちゃんと適切に設定してちゃんとSEO対策ができる状態にしましょう。

All in One SEO Packの設定方法と使い方をわかりやすくまとめておきましたので、是非参考にしてみてください。

All in One SEO Packで主に出来ること

始めにAll in One SEO Packで出来ることを挙げていきましょう。
これを読めば役に立つことは一目瞭然でわかると思います。

記事や固定ページにSEOキーワードを設定できる

All in One SEO Packを設定することで、ブログ記事ごとにSEO対策を施すことができ、集客効果が高まります。

タイトル、ディスクリプションは検索エンジン上で表示される説明文です。

All in One SEO Packを使えば個別記事や固定ページにSEO対策を施すことができます。

サイトマップを送信してくれるので、検索エンジンにインデックスされやすくなる

All in One SEO PackのGoogle XML Sitemapという機能を使えば、あなたが記事を更新した時に検索エンジンに更新情報を送ってくれるので、インデックス検索エンジンに記事が並べられる)されやすくなります

Google search Consoleやグーグルアナリティクス、Google+などと簡単に連携できる

アクセス解析ツールやGoogle+などと簡単に連携することができます。

FacebookやTwitterなどでOGP設定ができる

FacebookやTwitterのOGPを設定することができます。OGPとはSNSでシェアした際の画像表示のことです。

インデックスさせないこともできる

All in One SEO Packは個別記事や固定ページにSEO対策が出来ますが、中にはインデックス(検索エンジンに表示させる)する必要のないページもあります。

例えば問い合わせページ、アーカイブ、特商法、プライバシーポリシーなどのページをインデックスさせてしまうと、低品質なコンテンツとみなされてしまう可能性があるので、それは避けたいところです。

All in One SEO PackではこういったページをインデックスさせないようにしてSEO効果を高める(下がらない)ように出来ます

All in One SEO Pack の設定方法

それでは設定方法に移ります。

プラグインのインストールが終わってない方は今すぐインストールをしてください。

インストールについては、プラグインの新規追加でAll in One SEO Packを選択して有効化するだけですので、すぐに終わります。

インストールが済んだ方はすぐに設定をしていきましょう。

1・General settingsの設定

まずはゼネラルセッティングの設定です。

この画像の部分は以下のように設定しておきましょう。

  • Canonical URLsにチェック
  • No Pagination for Canonical URLsこれはどちらでもOK
  • Enable Custom Canonical URLsにチェック
  • Set Protocol For Canonical URLsこれはブログURL(httpかhttpsか)に合わせる
  • Use Original Titleはチェックしない
  • Use Schema.org Markupにチェック

ここで特に重要なのはCanonicalです

Canonical(カノニカル) は、URLのwwwの有無などの重複を統一します

これを統一しない場合、

  • https://www.osusumeanime300.com
  • https://osusumeanime300.com

このように同じ内容のコンテンツが二つ存在してしまいます。

同じコンテンツがネット上に2つあるとコピーとみなされ、Googleからマイナス評価を受ける可能性がありますので、ここはチェックをしておきましょう。

この基本設定に関しては、

  • Canonical URLs
  • Use Schema.org Markup

が必須項目となりますが、あとはブログの状況によって使い分けてください。

2・Home Page Settingの設定

次はホームページセッティングの設定をしていきましょう

ここで設定するのは以下の4つになります。

  • ホームタイトル→ブログタイトルを入れる
  • ホーム詳細→ブログの説明文を入れる(SEOキーワードを3~4個程度入れる)
  • ホームキーワード→SEOキーワードを6個~8個程度入れる
  • Use Static Front Page Instead→固定ページをトップページ化している場合はチェック

設定をすると、実際に検索されたときにこのキーワードが反映されます。

この説明文によってクリックされる確率も変わってくるので、必ず設定しておくようにしましょう。

3・Keyword Settingsの設定

次はキーワードセッティングの設定をやっていきましょう

ここでの設定項目は4つです。

  • Use Keywordsチェック
  • メタキーワードとしてカテゴリーを使う→チェックしない
  • メタキーワードとしてタグを使う→チェックしない
  • Dynamically Generate Keywordds for Posts Page/Archives→チェックしない

Use KeywordsはページごとにSEO対策をしますか?という意味なので、必ずチェックをしておきます。

その他にチェックを付けるとキーワードが自動生成されてしまうので、なるべく手動で記事のSEO対策をするためにチェックはしないでおきます。

4・Title Settingsの設定

次はタイトルセッティングの設定をやっていきましょう。

これは下記のようにしましょう。

  • タイトルを書き換える→利用停止
  • Captalize Titles→チェックしない
  • カテゴリータイトルを大文字にする→チェックしない

タイトルを書き換える』にするとSEO対策をした際に、タイトル自体が書き換わってしまうのでチェックは外しますその他の部分も特にSEOに関係がないのでチェックを外して大丈夫です。

5・Custom Post Type Settingsの設定

次はカスタムポストタイプの設定をしていきましょう。

こちらは下記のようにします。

  • カスタム投稿用のSEO→利用停止にする
  • SEO on only these post types→【投稿】と【固定ページ】にチェック
  • Enable Advanced Options→利用停止にする

カスタム投稿は初心者の内は使わないのでスルーで大丈夫です。

SEO on only these post typeは『どの記事にSEOを掛けますか?』という意味なので、投稿記事と固定ページにSEO対策を施す為にチェックを入れます。

6・DisPlay Settingsの設定

次はディスプレイセッティングを設定していきましょう。

これは下記のようにします。

  • Show Column Labels for Custom Post Types→【投稿】と【固定ページ】にチェック
  • 『Display Menu In Admin Bar』→チェック
  • 『DisPlay Menu At The Top』→チェック
  • Show Column Labels for Custom Post Types→チェック

7・Webmaster Verficationの設定

次はウェブマスター ヴェラフィケーションの設定をしていきましょう。

これらの機能は以下になります。

  1. Google search Consoleとの連携
  2. Bing Webmaster Toolsとの連携
  3. Pinterest Site Verficationとの連携

この中で私が登録しているのはGooglesearchConsoleです。ピンタレストはとくに重要度を感じていないので登録する必要はないかと思います。

もうすでにGooglesearchConsoleを設定している場合は問題ありませんが、まだ設定していない場合は合わせて設定してしまいましょう。

8・Google Settingの設定

次はグーグルの設定をしていきましょう。

これはそのまま入力していただければ大丈夫です。

  • Google Plus Default Profile→Google+プロフィールページのURLを入れる
  • Disable Google Plus Profile→Google+のプロフィール写真を利用しない場合はチェック
  • Display Sitelinks Search Box→チェックしない
  • Advanced Authorship Options→「利用」にチェック
  • Display Google Authorship→Front Page,投稿,固定ページにチェック
  • Display Publisher Meta on Front Page→「利用」にチェック
  • Specify Publisher URL→特に何もしない
  • GoogleアナリティクスID→トラッキングコードを貼り付けるとアナリティクスが利用できる(既に設置している場合は不要)

アナリティクスの設定に関しては、Googleのアナリティクスサイトからログインし、トラッキングコードをコピーして持ってきてください。

9・Noindex Settingsの設定

次はノーインデックスセッティングの設定をしていきましょう。

ここでは検索エンジンにインデックスされたくないページにチェックを入れることで、SEO効果を高めるというものです。

設定に関しては以下の通りで大丈夫なので、 基本的に投稿・メディア以外はインデックスされないようにしましょう。

10・Advanced Settingsの設定

次はアドバンスの設定ですが、ここはあまり使うことはないので何もしなくて大丈夫です。

設定するとヘッダーに色んな要素を追加できるので、ブログ運営に慣れてきたら設定をいじるのもアリだと思いますが、初めの頃は特にいらないのではないでしょうか。

まとめ

これでSEO対策の基本設定は完了となります。

他にもSNSと連携するための設定もあるので、別記事で紹介します。

ブログを立ち上げたばかりの頃はとにかくコンテンツの量産がメインとなり、ある程度コンテンツが揃ってからSNSと連携するのが良いと私は思います。

一見すると手順が多く面倒に感じるかもしれませんが、やってみるとそんなに時間はかからず、SEOにも関わってくることなので初期の頃に終わらせてしまいましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)