『Discord』の使い方を徹底解説

ゲーマー向けのボイスチャットサービス『Discord(ディスコード)』。2015年にサービスが開始され、多機能なことが話題を呼び利用者が急増しています。

今回は「Discordとは?」から、ダウンロード方法や詳しい使い方までを解説。これから導入を考えている人はもちろん、既に利用している人にも役立つ機能を紹介します。

Discordを知らない方へ

ゲーマー向けの無料ボイスチャットアプリです。チャットと通話がブラウザ上で利用でき、個人専用サーバーが開設できるサービスとなっています。

通話中に音楽を流す、PC画面を共有、プレイ中のゲームを友達に知らせる……など様々な機能を搭載しており、手軽かつ多機能なので、他のボイスチャットサービスから『Discord』へ乗り換える人が増えています。

Windows、macOS、Android、iOS、Linuxに対応。

メリットとデメリット

何を利用するにしても、使いやすい人がいれば使いにくいという人もいます。そこらへんは上手く見極め、自分が使いやすいと思ったものを利用するべきだと思います。参考までにメリット・デメリットと思われる部分を上げておきます。

メリット

メリット1・登録不要で通話が可能

PC版なら自分のニックネームを入力するだけで、通話やチャットに参加できます。アプリをダウンロードする必要も無く、ブラウザ上で可能。参加だけなら手軽にできるのが魅力ですね。

メリット2・botを導入して機能を拡張できる

botを導入することで通話中にBGMを流したり、特定のコマンドをチャットに入力することで演出を追加したりできます。機能を自分好みに拡張できてとても便利です。

メリット3・同じゲームのプレイヤーと出会える

「○○ゲーム専用サーバー」「雑談相手募集」など、ネット上に個人サーバーを公開しているユーザーがいるので、不特定多数の人とチャットをしながら一緒に同じゲームをプレイすることが可能となっており、皆でワイワイ楽しみたい人にオススメです。

デメリット

デメリット1・海外サービス

海外サービスのため、公式ページで翻訳されていない部分も多く、『Discord』公式ページのヘルプやQ&Aなど、操作でトラブルが起きた時や使い方がわからない時にすぐ調べられないのが難点となるかもしれません。

しかし、利用者も多いのでトラブルをネットで調べるとすぐに対処法がわかったりします。

デメリット2・ビデオ通話・画面共有がDMのみ

『Discord』はボイスチャンネルで通話するか、ダイレクトメール(DM)で通話するか2種類あります。ビデオ通話・画面共有ができるのはダイレクトメールのみとなっていて、ダイレクトメールはBGMが流せず、10人までしか通話できないデメリットがあります。

しかし、友達とゲームを楽しむには十分だと思います。

『Discord』の基本となる使い方

登録不要で始められるのはPC版のみで。スマホアプリ版を使う場合はアプリからアカウント登録をする必要があります。

アカウント登録は仮アカウントとされ、キャッシュのクリア・ブラウザの変更をすると消滅するので注意してください。

『Discord』トップページを開いたら、「Discordを開く」をクリック。出てきた入力画面に自分のニックネームを入力してください。

この画面に切り替わったら完了。ニックネームを決定するだけで利用開始できます。

アカウント登録

PC版スマホ版ともに、アプリをダウンロードして利用するにはアカウントが必要です。

登録していない仮アカウントだと、アカウントが消滅するたび作り直さなければいけません。面倒な人は登録しておくと良いでしょう。

『Discord』トップページの「〇〇版をダウンロード」をクリック。(OSによって名前が異なる場合があります)

ダウンロードファイルにある「DiscordSetup」を開いてください。

Eメールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力しましょう。

アカウント登録して、アプリが起動されたら完了となります。

サーバーの使い

サーバーとは、URLを知っている人じゃないと入れない部屋のようなもので、参加メンバーや話題によってサーバーを複数作っておくのがオススメです。

サーバーの作り方

画面の左横にある「+」ボタンをクリックしてください。

出てきたポップアップの「サーバーを作成」をクリック。

サーバー名とサーバーリージョンを選択し「新規作成」。

サーバーリージョンは「Japan」にすると動作が重くなるのをいくらか防げます。

サーバーアイコンが追加されたら完了です。

サーバーの招待リンクを教える

画面の左上にある、人型のアイコンをクリック。

表示されたURLをコピーして、SNSやメールで相手に教えれば完了です。

サーバーに参加する

画面左上にある「+」をクリック。

「サーバーに参加」をクリック。

相手から教えてもらった招待URLを入力し、参加をクリック。

画面右端に表示されているオンラインユーザーが増えていたら参加完了となります。

サーバーの検索方法

画面の左上にあるアイコンをクリック。「会話に参加または作成する」を選択。

サーバー名・チャンネル名・DMのどれかを入力して検索。サーバーを作りすぎて探しづらくなった時に使えます。

サーバーから退出する(PC版)

サーバーのアイコンを右クリック。「サーバーから退出」をクリックして完了です。

サーバーから退出する(スマホアプリ版)

サーバー名の右隣にある「…」アイコンをタップして、「サーバーから退出」を選択して完了です。

サーバーの削除

削除したいサーバーを選択し、メニューから「サーバー設定」をクリック。

左側のメニュー下にある「サーバーを削除」から出来ます。

非公式の専用サーバーに参加できる

ネットで公開されているサーバーは、管理者のユーザーから許諾を得れば誰でも自由に参加できます。中には有名ゲームのプレイヤーが集まるサーバーや、不特定多数のユーザーが雑談を楽しむサーバーもある為、新しいゲーム仲間を作りたい人は参加してみると良いかもしれません。

サーバーを探せるサイトは「Discordちゃんねる」などがあります。掲示板や『Discord』関連サイトが見られるので、一度は覗いてみると良いのではないでしょうか。

ユーザーとフレンドになる

ユーザーアイコンを右クリックするとメニューが出てくるので、メニュー内の「フレンドに追加」をクリック。

左上のアイコンから「承認待ち」をクリックして、フレンドリクエストにあるチェックマークをクリックからの承認すれば完了です。

フレンド検索

左上の青いアイコンを選択し「フレンドに追加」をクリック。

入力バーにユーザーのタグを貼り付けて検索できます。

ちなみに、タグはニックネームの下にある「#0000」などと書かれた4桁の数字のことです。

チャット機能の使い方

「VOICE CHANNELS」(以下:ボイスチャンネル)で通話機能が使えるので、チャンネルをクリックすると通話が開始されます。

チャンネルを追加する

テキストチャンネル同様、ボイスチャンネルもチャンネルを追加できます。

ボイスチャンネル右横にある「+」アイコンをクリック。

チャンネル名を入力し、「#ボイスチャンネル」にチェックマークが入っていることを確認して「チャンネルを作成」。

チャンネルが追加されているのを確認して完了です。

画像の添付

PC版ではテキストボックス左横にある「+」アイコンから画像を追加できます。

スマホアプリ版は、テキストボックス左横にあるクリップ型のアイコンから追加できます。

コマンドを入力する

『Discord』にはテキストチャンネルに入力することで、様々な機能が使える「コマンド」システムがあります。

「/」を付けてコマンド入力すると、様々なことができる。たとえばニックネームを変更したい時、「/nick ○○」(○○=好きなニックネーム)と入力すると変えられます。

/me……テキストを強調
/tableflip……(╯°□°)╯︵ ┻━┻机をひっくり返す顔文字が打てる
/unflip……┬──┬ ノ( ゜-゜ノ)机を整える顔文字が打てる
/nick ○○……サーバー上のニックネームを変更(○○=好きなニックネーム)
/giphy lol……笑いに関係するGIF画像を選択して送信できる
/tenor ungly……怒りに関係するGIF画像を選択して送信できる

紹介したのはほんの一例となっており、コマンドを追加できる機能もあります。

マイク・スピーカーの設定

画面左下にあるユーザーアイコンの、右隣にある歯車マークをタップ。

「音声・ビデオ」から音声設定が可能となっており、相手の声が聞こえ辛い場合は試してみてください。

ユーザーごとに音量を調整できる(PC版)

画面右側にあるユーザーアイコンを右クリック。バーを動かしてユーザーの音量を調整できます。

ユーザーごとに音量を調整できる(スマホアプリ版)

ボイスチャンネルをタップして、ユーザーアイコン右横にある「…」をタップ。

バーを左右に動かして音量を調整できます。

ユーザーごとに権限を設定できる

権限を設定すれば、特定のユーザーをミュートにしたり、招待コードを無断で誰かに教えるのを防いだりできます。

ユーザーを通話に参加させず、音声とチャットだけ視聴させることも可能となっており、ゲーム配信をする際に便利な機能です。

テキストチャンネルまたはボイスチャンネルの横にある、歯車アイコンをクリック。権限を設定したい側を選択。

「権限」から各ユーザーの権限を設定できます。

「役職/メンバー」からユーザーを選択して、1人1人の権限を設定も可能。

プレイ中のゲームを他ユーザーに知らせる(PC版のみ)

自分のアイコン右横にある、歯車マークをクリック。

「ゲーム」を選択して「追加する」をクリック。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)