『GGO-ガンゲイルオンライン』

今や数あるFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)ソードアート・オンライン(ファントムバレット編)などFPSを画面越しではなく自分自身で体感出来るというのは、多くの人が憧れるシステムではないでしょうか。この作品もその一つ。

180センチを超える長身にコンプレックスを抱えてきた女子大生・小比類巻香蓮は、数少ない友人・篠原美優の薦めでVRゲームを始めます。長身の美人アバターを嫌う香蓮は、やがて荒廃した世界を舞台に銃器で戦うMMOFPS『ガンゲイル・オンライン』(GGO)で、念願の低身長アバターに行き着き、プレイヤー・レンとして今まで縁のなかった銃器の世界へ足を踏み入れることに。根が真面目な香蓮は独り淡々とゲームをプレイする内に、正体不明の凄腕のプレイヤーとなっていく。

やがてレンは、GGO内で知り合ってスコードロンを組む女性プレイヤー・ピトフーイからチーム戦イベント「スクワッド・ジャム」(SJ)の開催を教えられ、彼女に言われるがままに参加することになり物語は始まっていきます。

現在でも、数多くのFPSゲームが存在していますが、手軽にスマホで楽しめることで人気に火が付き、ゲーム性全般が似ていることから訴訟問題に発展し、何かと話題の荒野行動もそのうちの1つですよね。

私もゲーム実況はよく見ますし、好きな実況者さんもいて、荒野行動もプレーしています。元々人気があるPUBGと酷似しているだけあって、ラグさ以外はとても楽しくプレーしています。 

これだけ面白いゲームが自分自身でゲーム世界を体験出来たら、廃人がいくら出るか想像もつきませんよね…世界規模の問題に発展しそうですが、いつの日かそんな未来もくるのでしょうか。

そんな本作の主人公である小比類巻 香蓮(こひるいまき かれん)のアバターは身長約145cmと現実の彼女とは正反対に小柄で、ステータスはAGI(敏捷性)に振っており、小柄な体格とAGIを活かした近〜中距離を得意とする可愛い女の子。

メインとして使う武器もピンクのP90という武器で、本人はピーちゃんと呼んでいる。見た目とは裏腹に待ち伏せや奇襲を仕掛けて相手を反撃態勢が整う前に壊滅させることも多い。

ゲームに対する姿勢はライトユーザー寄りでリアルを優先している。また、SAO事件の影響でVRMMOに偏見を持ちがちな身内にはゲームをプレイしていること自体を秘密にしている。

ピトフーイはレンのGGOでの数少ないフレンドで、2人だけのスコードロンを組んでいる。正体は香蓮や美優も大ファンである人気シンガーソングライターで、自ら所属事務所の代表を務める女社長でもある。

主人公のレンもそうですが、通称ネトゲと親しまれるゲームにおいて、アバターと本人は全く違うタイプが多いですよね。ないものねだりとはいかないまでも、やはり本人の理想が色濃く反映されることが多い印象。

憧れの多いゲームの世界で、レンが見せる熱い戦いは臨場感・躍動感ともに申し分なく、FPS系のゲームを好きな人はもちろんのこと、今はまだ興味を持ってない方も楽しめるストーリーとなっていますので、是非見てみてくださいね♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)