『ゴブリンスレイヤー』とブロガーと

「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ。」

色々な選択肢のある中で、何か一つの事をやり続けるのって…意外と大変だと思いませんか?

やろうと思えば、他の冒険者が出来ない依頼も引き受ける実力があるのに、頑なにゴブリン退治にこだわる彼の過去とは…

ファンタジー世界でゴブリンと聞くと、初めの頃に出てくる弱いイメージがありますよね。

まさしくその通りだったりするのですが…ゴブリンの特徴として、繁殖力が強く・知性が低く・小さくて醜く・他種族の女を好むといった所が色々な作品で用いられているのではないでしょうか?

この作品においても、そのイメージに反することなく…というかまさしくゴブリンのイメージそのものなゴブリン達が出てきます。

初心者向けの依頼とされるゴブリン退治を専門としているのが、ゴブリンスレイヤーと人々から呼ばれる男。

全身をあまり綺麗とは言えない鎧で覆った男こそがゴブリンスレイヤーと呼ばれる人物であり、後ろに付き添っている金髪の女の子との出会いからストーリーは始まっていきます。

駆け出し冒険者である金髪の女の子が初めての依頼を探している時、声をかけられたのがきっかけで同じ駆け出しの冒険者と一緒にゴブリン退治に赴いた先で待っている出来事とは…

ゴブリン自体もそうなのですが、ゴブリンが倒される時やゴブリンに襲われた際の描写はかなりリアルに描かれているので、苦手な人は苦手かもしれません。

特に女性にとって辛い描写もありがちなので、見る際には心の準備がいるでしょう。

ただ、ストーリーとしてはありがちなようで、だからこそ好きな人も多いのではないのかなと思います。

癒される場面があったり、ゴブリン退治以外に興味を持たないゴブリンスレイヤーが、金髪の女の子や他の種族と関わり替わることはあるのか…

自分なりの楽しみ方を見つけつつアニメを見てみるといのも、アニメを見る楽しみの一つでもあったりしますよね。

私的にはとても楽しめる作品だと思いますので、是非見てみてはいかがでしょうか♪

同じことの繰り返しと言えば…

ゴブリンスレイヤーを見ていて思った事が、ブログを書くのとなんか似ているなと…

ブログですから、当然記事が無ければブログとは呼べませんし、記事を書くにもSEOやら旬の話題やら…色々と考えたり、実際に考えた事を記事として形にしなければなりません。

どんな文章が読みやすいのか・読者が知りたいキーワード・雑記ブログor特化ブログにするべきなのか…あげればキリが無いほどですが、情報のインプット→アウトプットの繰り返しはひたすらゴブリン退治を行うゴブリンスレイヤーと共通点がある気がします。

動機はもちろん違いますが、何か一つの事を続けていくのはブログにこだわらず大変なものですよね。

そんな中でもブログは続けるのが難しいと言われているので、作業をする手が止まってしまっている人は、気分転換にオススメです。

私は作業をする時、たいていは音楽を聴きながら作業していますが、たまにアニメを流しながらの作業も気に入っています。

車に乗る時はあえて音楽では無く、ラジオをかけてみたりなど普段と違う事をしてみると、とても刺激になって作業が進んだりしますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)