『五等分の花嫁』と花嫁の行方

主人公である風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。

その五つ子というのが一癖も二癖もある一筋縄ではいかない五つ子だった…

常にテストで満点を取る学年主席の優等生の主人公・上杉 風太郎(うえすぎ ふうたろう)は真面目な勤勉家だが、独りよがりで社交性は皆無に等しく、他者に対して高圧的な態度を取ることが多く、思ったことを口走ってしまう為、クラスでは友人らしき人物はおらず、なるべく人と関わらないようにしている。

そんな主人公がなぜ五つ子の家庭教師を引き受けたかと言うと、家の借金返済の為。

その教え子となる五つ子というのが

小悪魔的な性格で面倒見のよいお姉さん気質の長女・一花(いちか)長姉として日頃から妹達のことを気にかけていて、同じ歳であるはずの風太郎にもお姉さんぶっては時折アドバイスを送ったり、自分自身の気持ちを押し殺してしまいがち。

勝気でヒステリックな毒舌家だけど姉妹で最も繊細であり、姉妹を守るために風太郎を敵視したり、姉妹全員で花火大会を見ようと奮闘するなど姉妹思いだったり料理好きでオシャレに気を遣うなど女子力が高く社交的で友人も多い次女・二乃(にの)

右目が隠れる斜め分けのセミロングとヘッドフォンが特徴的で口数の少ないクールな性格なゲームがきっかけで大の戦国マニアになった歴女だが、変わった趣味であることを自覚していたため他の姉妹にもずっと隠し続けてきた経緯のある三女・三玖(みく)はそんな自分の趣味と向き合ってくれた上、激励してくれた風太郎に好意を抱くようになる。

明るく前向きな性格で人の役に立つことを好む反面頼み事を断りきれないお人好しでもある四女・四葉(よつば)。非常に無邪気で思考や趣味趣向も子供っぽいけれど自分の本心を明かさなかったり、自分に自信がないなど無邪気なだけではない面もあるかと思えば自他ともに認めるほど姉妹中もっとも成績が悪い。

真面目だが要領の悪い性格で、勉強もやる気があるがうまくいかない傾向がありかなりの食いしん坊で食事シーンが多い五女・五月(いつき)は風太郎と高校で最初に出会った姉妹であり、当初は自分から勉強を教えて欲しいと頼むも断られた挙げ句デリカシーのない一言を言われ、風太郎とは最悪な出会いを引きずり不仲が続いたが、次第に気を許すようになり喧嘩も少なくなってくる。

そんな五つ子ながら顔以外は全て違う五人を相手に主人公はどう対処するのか、恋愛要素も含まれていてそれぞれの感情と向きい方があり、アニメのラストシーンにある結婚式で誰が花嫁なのかすらわからない(顔は映るのであくまでも予想だが出来る)という展開が待っている為、この五人の中から花嫁がいるのか、実は五人以外だったりするのかなど(アニメを見る限りは五人の内の誰か)色々と楽しめるのではないかと思いますので、まだ見たことの無い人は一度ご覧になってはいかがでしょうか?

かなり個人的な感想ですが、楽しめる反面で考え方に影響を与えてくれるセリフもあったりするので、とても良い刺激になると思います。

私の中では、主人公が三玖(みく)に言った 平等じゃなく公平で行こうぜ というセリフはかなりグッときました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)