『はねバド!!』と努力と才能の境界線

バドミントンのルールは辛うじて白線の内側でハネを落とさないくらいにしかわからない私でも、とても楽しみながら見られたアニメがこちらの『はねバド!!』

例えバドミントンに興味が無くても構わず見れてしまうこと間違いないのではないでしょうか。

スポーツの世界において、才能はとても大切なことですが、才能だけでは通用しない部分も出てきますよね。

特に小さい頃なんかは才能だけでも通用してしまいますが、大きくなるにつれ積み重ねてきた努力の差が影響してくると思います。

この『はねバド!!』では、そんな才能と努力のぶつかり合いを垣間見ることが出来ると共に、スポーツに対する熱い気持ちを思い出させてくれるような気がします。

もちろん熱い戦いがてんこ盛りなのは当然として、部活としての大変さ・仲間とのやりとり・ライバルの存在など、見所が満載な作品だと思います。

上記でも述べた通り、バドミントンのルールなんかがわからない人でも十分に楽しめる作品だと思いますので、まだ見たことの無い人は一度見てみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)