YouTubeの動画に#ハッシュタグをつける方法

Twitterなどでおなじみの「#ハッシュタグ」機能が、YouTubeでも利用できるって知ってますか?今回は自分で作った動画をアップロードする際、ハッシュタグを付ける方法を解説していきます。

YouTubeの#ハッシュタグ機能

動画タイトルの上部分に「#ハッシュタグ」が付いている動画が、YouTube上で見られるようになりました。見た事ある方も多いのでは?

タグ部分をタップすると、同じハッシュタグが付いた動画を一覧で見ることができます。

使い方は他のSNSと変わりはありません。

ハッシュタグの付け方と注意点

ハッシュタグは「動画タイトル」「概要欄」に入力することが出来ます。タイトルにハッシュタグがない場合、説明欄にある最初の3つのハッシュタグが動画タイトルの上に表示されます。注意しておきたいのは、ハッシュタグは15個以上設定できないということ。15個以上設定すると、全てのハッシュタグが無効になってしまいます。

また、概要欄にハッシュタグを入力した場合は、最初の(上から)3つ分がハッシュタグとして動画タイトルの上部分に表示される仕組みになっています。

設定できるのは投稿者のみ

YouTubeのハッシュタグは、動画の投稿者しか設定(変更・編集・追加)出来ないので、動画を投稿する際は忘れないようにしておきましょう。

スペースを入れない

# アニメガ←のように#とタグにしたい文字の間にスペースを空けてしまうとタグとして認識してもらえないので注意が必要です。

複数のタグを付ける場合には#アニメガ#アニメ←のように連続して入力していけば大丈夫です。

最大で15個となっていますが、もっとも見てもらいたいタグは初めの3つに持ってくるようにしましょう。

ハッシュタグはコメント欄にも打てる

視聴者は、コメント欄でハッシュタグ機能を使うことができます。上手に使えば、他の視聴者にとっても便利な使い方が出来るかもしれません。

ただし、むやみやたらに使うと動画の主に怒られそうでもあるので、使い方は慎重になったほうが良さそうです。

まとめ

タグをなぜ付ける必要があるのかというと、関連動画に表示され再生される可能性が高くなるからです。

そうして再生数が増えると、検索エンジンで表示される可能性も高くなります。
でも、たくさんタグを付ければいいっていうわけではないんです。

上記でも記したように、あまり多くのタグを付けるとスパム判定になることがあるので要注意です。

「あなたの動画を届けたい方へ向けてのキーワードを入れる」ということが一番大事になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)