『働きアリの法則』とブログを継続できる人

働きアリのうち、本当に働いているのは全体の8割で、残りの2割のアリはサボっている。

よく働いているアリと、普通に働いている(時々サボっている)アリと、ずっとサボっているアリの割合は、2:6:2になる。

このことから2・6・2の法則とも呼ばれています。

よく働いているアリ2割を間引くと、残りの8割の中の2割がよく働くアリになり、全体としてはまた2:6:2の分担になる。

よく働いているアリだけを集めても、一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。

サボっているアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

パレードの法則(8:2)が原則となっていて、仕事関係によく用いられますが、これって割とどんな場面でも当てはまると思いませんか?例えば…

働くアリと働かないアリの差は「腰の重さ」、専門的に言うと「反応閾値」によると言います。

アリの前に仕事が現れた時、まず最も閾値の低い(腰の軽い)アリが働き始め、次の仕事が現れた時には次に閾値の低いアリが働く、と言う形で、仕事の分担がなされている。

仕事が増えたり、最初から働いていたアリが疲れて休むなどして仕事が回ってくると、それまで仕事をしていなかった反応閾値の高い(腰の重い)アリが代わりに働きだす。

「疲労」というものが存在する以上、一見サボっているように見えるアリの存在が、コロニーの存続に大きな役割を果たしていて、仮に全てアリが同じ反応閾値だと、すべてのアリが同時に働き始め、短期的には仕事の能率が上がるが、結果として全てのアリが同時に疲れて休むため、長期的には仕事が滞ってコロニーが存続できなくなることがコンピュータシミュレーションの結果から確認されているそうです。

閾値によっては一生ほとんど働かない結果となるアリもいますが、そのようなアリがいる一見非効率なシステムがコロニーの存続には必要なんだとか。

一方、閾値に関係なく本当に一生ずっと働かないアリもいる。これをフリーライダー(ただ乗り)、またはコミュニティをだまして寄生するのでチーターと言って、アミメアリ(女王アリがおらず働きアリが産卵も行なう)のフリーライダーは働かずに産卵だけ行い、フリーライダーの子アリもフリーライダーなので、フリーライダーがいるコロニーはフリーライダーが増えて滅び、滅びたコロニーの跡地に新たに健全なコロニーが形成されます。

フリーライダーは別のコロニーに分散するので、アリの社会全体ではフリーライダーの数が一定に保たれ、フリーライダーの感染力が弱すぎるとフリーライダーは1つのコロニーと一緒に滅びて存在しなくなり、逆にフリーライダーの感染力が強すぎるとアリ世界のすべてのコロニーにフリーライダーが進出してアリが絶滅してしまうが、そのつり合いがとれているので、働くアリもフリーライダーアリも絶滅せずに存続する。

すべてのコロニーにフリーライダーが感染してしまわない理由は、アリの社会が複雑であること、専門的に言うと「構造化されている」ことが理由だと言います。

なんだか難しい話のように思えますが、人間の社会となんら変わらなく思えませんか?

ブログを継続できる人と出来ない人なんかも結構当てはまると思います。

何かしらの目的を持ってブログを始めたとしても、ブログを継続できる人は全体の2割程度しかいないんだとか…

キャッチコピーが「楽に稼げる」だとか「これだけで」なんてことの多いブログやネットビジネスは始めてみると全然そんなことのない現実に挫折してしまう人がほとんどなのでしょう。

逆に言えば、継続できる2割に入ってしまえば目的にぐっと近づくこと間違いないと思いませんか?

こんな難しいというか一見関係無さそうな話を最後まで読んでくれたあなたなら、きっと2割に入れると思いますよ♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)