忙しい、暇な人ほど、使いけり

謎に俳句調にしてみました。いつもより少しやる事が増えたり、用事ができると「忙しい」って言う人…あなたの周りにもいませんか?

忙しいはただの言い訳に過ぎない

人間だれしもやらなきゃいけないことよりも、やりたいことを優先したい気持ちが強い。それは当たり前で、自由にやりたいことだけ出来ていたらどんなに良いことか…ストレスなんてほとんど感じる事は無いでしょう。

自分で仕事ができると勘違いしている人は、「忙しい」という言葉を頻繁に使います。本当に忙しい人というのは、頼まれごとを後回しにすると、いつまでたっても片付かないことを知っているので、優先順位を上手くつけて帳尻を合わせる事が出来ます。

暇な人は、いつでもできると思っているので、興味を持つまでなかなか手をつけようとしません。やらなければいけないと思いつつ、したい事を優先してしまい、面倒だと感じる事は後回しにしてしまいます。やればすぐに終わるのに、すぐに終わるからと後回しにしていつまで経っても終わらず、結局立て込んでからあれもやらなきゃ・これもやらなきゃ…この段階だと本当に忙しいかもしれませんね?ただし、余裕が無いだけです。

「忙しい」という理由は、頼みごとを断る口実として非常に便利な言葉ですよね。興味がないことや、興味がない人からの誘いに対して、「興味がないから断る」とは言えないものです。

本当に忙しい人というのは、見ていて分かりますし、予定を聞いてもしっかりと○○だったら空いてるけど、○◌でも良いかな?など、提示した予定にそぐわない場合は代わりの日程を提示するか、調整をかけてくれます。

これは仕事においても同じこと、忙しいから後にして!と言う人ほど、手が空いてから伝えると…なんでもっと早く言わないんだ!なんて理不尽な八つ当たりをされたこと、ありませんか?出来る人は、まずは要件を聞いてから優先順位を判断しますよね。

 

やらなければならないと思うと余計にやりたくなくなる

ブログ運営において欠かせないのは、やはり記事更新です。しかし、仕事とは違って更新しないと何かがある訳じゃないので、成果が見えていない時ほど手が止まりやすくなります。

するもしないもあなた次第で他の誰も困ることはありませんが、しなくてもいいことをすると決めたのはあなた自身です。目的は人それぞれ違いますが、大半の人が稼ぎたいと思って始めるでしょう。ネットには「簡単に」・「たったこれだけで」などの常套句があふれていますから、思ってたのと違うと感じてしまうはず。

モチベーションを常に保つのはほとんどの人が難し事だと思います。だからこそ、言い訳を探さずに継続出来れば、ライバルに差をつける事が出来ます。

これを機に、「忙しい」を封印してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)