SNSからの被リンクってSEO効果はあるのか?

被リンクによるSEOについて考えた時、自サイトのURLをいろんなSNSで投稿し、拡散すれば効果があるんじゃ…?なんて思ったことはありませんか?

結論から言うと…

残念ながら答えはほぼNOです。

多くのSNSでは、投稿に含まれる外部へのリンクは「ページへの人気投票としては評価しない」ように設定されているため、SEO効果はありません。

Webサイトやネットショップの集客にSNSが有効なのは、SNSへの投稿によって多くの人の目に触れる機会を作り、集客経路が増えるためです。

被リンクの増加によるSEO効果を目的としてSNSを運用するのは、あまりオススメできません。

SEO効果が見込めるSNSがある!?

SNSからの被リンクは「ほぼ効果なし」と書きましたが、近年ではSEOにおける価値のある被リンクが獲得できるSNSとして、Google+が注目を集めています。

Google自ら運営するSNSであるGoogle+は2011年のサービス開始以降、目立ったトピックがなく、お世辞にも「流行しているSNS」とはいえない状況続いていました。

しかし最近では、SEOにおける影響が強まり、ビジネスで活用できるSNSとしての注目度が上がってきています。

SNSからの集客・検索エンジンからの集客、どちらにおいても今後、Google+の影響力はさらに強まり、無視できないものになってくることが予想されます。

今のうちに機能やメリットを把握し、できることから開始しておきましょう。

Google+のメリット

Google+には

(1)アカウントページや投稿ページがGoogleにインデックスされるスピードが早い(新しい情報の検索結果画面に反映されるのが早い)

(2)投稿に含まれる一部リンクが「ページへの人気投票として評価される」という特徴があります。

SEOおける被リンクの価値

SEOにおいて、外部からのリンクというのは、いわば「人気投票」です。

多くの人に必要とされる価値ある情報・面白いコンテンツのあるページには、自然とリンクが集まります。

不自然な自演リンクや無意味な相互リンクがスパム判定されるようになってからは「高品質なコンテンツを作成する」以外に被リンクを獲得する方法があまりないため、被リンクの獲得がSEOの話題に登ることは少なくなったように見えますが、検索エンジンがページを評価するポイントのひとつであることには変わりありません。

自サイトがどんなページからリンクされているかはGoogle AnalyticsやGoogleウェブマスターツールで確認できますので、定期的に確認し、どんな商品やコンテンツがリンクを集めるのに有効なのか、必要とされているのかを見直してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)