時短ハラスメントとブログ運営

政府が推進する「働き方改革」に呼応し、残業時間の短縮に取り組む企業が増えてきました。ワークバランスを向上させる良い取り組みですが、一方で「ノルマはそのままで達成できないと叱責される(怒られる)」・「休憩時間を削らないと業務が終わらない」・「自宅でサービス残業をしないといけないのでON,OFFの切り替えが出来ない」などの声も上がっています。

時短ハラスメントの背景

過労死や過労を苦に自ら命を絶つ事件を受け、多くの企業が長時間残業撲滅を声高に掲げ、残業時間を減らす試みをしていますよね。前々からグローバル化の進展による、国際競争に打ち勝つために「時短」「残業削減」「長時間労働是正」というスローガンは声高に叫ばれていました。

企業としては、「我が社は健全な企業だ」と世間体を保つことに繋がりますが、企業側としても慈善事業では無いので、就業時間を減らす=仕事量が減る。…とはいかないんですよね。

ですから、仕事の時間は短くなったのに、以前と変わらない仕事量となり、出来なければ責められ、時間内に終わるよう考えなければいけません。あれ…逆に大変になってないだろうか…なんて思ったことないですか?

現場を知らない人ほど理想を求めたがる

世間体を重んじすぎて「時短だ」「残業ゼロだ」「長時間労働撲滅だ」と経営者が叫び、そのスローガンに呼応した管理部門のトップが現場のことも知らずに、全てにおいて適用しようとすると先ほどのような問題が発生します。

仕事のやり方をすぐにリセットできるかというと、そんなことはあり得ません。特にお客様と直接向き合っている部署は、複雑に絡み合った人間と人間とのややこしい関係を調整しながら組織改革を進めるものです。

それに現場で働いている人たちも人間です。現場のことを良く知っている人から「残業せずに帰れ」と言われるのと、現場を知らない上層部や管理部に言われるのとでは受け止め方も大違い。強制的に退社させられたら、家に持ち帰って仕事するしかない、と考える人は増えるでしょう。

現場感覚のない人が上から目線で時短を強要すると、結果を出したい、目標を達成したいという意欲の高いマジメな人を苦しめることになります。

 

生活残業目的の人には効果的

時短を強要することがマイナスな面しかないかと言われれば、そんなことはありません。何がなんでも時短という考えを持たず、無駄を省いて効率を上げる目的であれば、プラスの面が多いのも事実。一人一人の作業量を見直しを図り、出来る出来ないを現場の判断に任せるのも一つですが、かなりの労力や時間を費やす為に行き届かない部分でもあります。

生活残業とは、残業代として生活費を稼ぐために、終わるはずの仕事を引き延ばす行為。ネット上では「生活残業やられると本当に迷惑だし、さくっと『残業禁止』で作業を区切るのは妥当」「明らかに作業を引き延ばしてる社員がいるのに、残業をなくしたら“ジタハラ”はちょっとなぁ…」「本当に社員が無能で終わらない場合もあると思う」との意見もあります。

やはりどこかに負担が掛かるということは、どこかが楽をしているのも事実。楽とはいかないまでも、負担の割合が違ってきます。

それに引き換えブログ運営は

もうね…何もかも自由ですよね。ただし、作業量と収入は比例するものがあるので、やったもん勝ち!!これに尽きると思います。いくらやっても誰にも何も言われません。逆にやらなくても同じ事。

稼ぐも稼がないもあなたの自由なんです!どうしても記事を書いたり・リサーチしたり、デザインやリライトなんてやってたら時間がいくらあっても足りない…なんてことになりますし、強い気持ちが無いと誘惑にすぐ負けてしまい手が止まります。

仕事のようにしなければならないことなら、イヤイヤでも手が動きますよね。稼ぎたいと思うなら、明確な収入の規定がないだけで仕事と変わらない感覚が必要なんです。楽して稼ぐ…なんて甘いものでは決してないので、作業に時間をかける以上は稼ぐ!!と強い気持ちを持ってブログ運営をしていきましょう。

仕事より時短は簡単

強制的な力が無いと、ついネットを見たりゲームを始めたり…自由がゆえに集中力が続かないのがブログ運営の難しさ。とりあえず手を動かさないと何も始まらないので、もし手が止まって記事が書けないとなったら、時間を決めて休憩をとることが大事。

好きな時に手を動かし、好きな時に手を止めれるのも魅力の一つなので、ずっと止まってしまうよりは休憩を挟みながらでも進めた方が良いですよね。

千里の道も一歩から…時間に縛られずうるさい上司もいない。しかし、やれば成果に繋がり自分の糧となる。初めの頃は膨大な時間と作業量が必要ですが、我慢の時期を乗り越えればブログ運営の魅力が見えてきます。

ストレスに悩むくらいなら、自分が主役となるブログ運営において結果を求め、ストレスフリーな生活を目指してみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)