『鬼滅の刃』と努力の先

努力はいくらやっても足りないんだよ…

登場人物同士の会話で出てくるセリフなんですが、本当にその通りであり、努力はいくらやっても足りないんですよね…

主人公が家族を殺した「鬼」と呼ばれる敵や鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描いたシリアスとコメディの両面を兼ね備えた作品です。

本来鬼と化した人間は理性を失い、相手に関わらず襲い掛かるのですが、妹は初めこそ襲い掛かってくるものの、途中から主人公を守るようになっていきます。

そんな妹を鬼から人間へと戻すため、鬼退治を専門とする剣士になるために主人公はとある人物に弟子入りし、厳しい修行を始めるのですが…

この修行というのが凄まじく、固い意志のある主人公でさえくじけそうになってしまうほど…

だけど、妹のためにもこんな所でつまづいてるわけにはいかないと自分を奮起させる姿や、修行中に現れる同じ苦労を重ねた人物達との出会いによって強くなっていく姿は、見ているこちらも何かもっとやるべきことがあるのではないかと奮起させられる…そんな一面をもった作品でもあります。

やりたいことがあっても一歩踏み出せない方や、途中で投げ出しそうになっていることがある方など、とても勇気と情熱をもらえる作品だと思いますので、一度見てみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)