Mirrativ(ミラティブ)をPC(パソコン)から配信する手順

Mirrativ(ミラティブ)をPC(パソコン)から配信する方法はMirrativの公式サイトより「配信する」ボタンをクリックし、必要事項の入力と配信準備をしてから行えます。必要なソフトは2種類。

配信用ソフトのOBS studio。スマホの画面をPCに出力するためのいわゆるミラーリングソフトが必要で、今回私が使用したMobizenとLonelyScreenは無料で使用出来るのでオススメです。

インストールの仕方などはMirrativの公式サイトからも確認出来ます。MirrativにPCからログインし、「配信する」をクリックすることで、前半・後半・android・iPhoneと細かい説明が画像付きでされていて分かりやすいです。

手順は3つで、

  1. ソフトとマイクの用意
  2. スマホの画面をPCに出力
  3. 配信設定

配信するためにソフトとマイクを準備しましょう

PCの画面を配信するためのソフトと、スマホ画面をPCに出力するソフトの2種類を用意します。

Mirrativで紹介されているのはOBS studioというソフトで、無料で使えるので問題ありません。

ミラーリングソフトは、androidはMobizen、iPhoneはAirseverを使うという形で紹介されていますが、Airseverは有料ソフトなのでLonelyScreenというソフトで代用出来ます。

この内Mobizenについては、android側にもインストールの必要があります。

公式サイトからもアクセス可能ですがGooglePlayの「Mobizen ミラーリング」というアプリを使用しましょう。

スマホとPCを有線で接続するUSBケーブルがあった方が配信画面がカクカクせずに動きます。

Mobizenはスマホの音は拾ってくれないので、両端子がオスのプラグケーブルでPCの音声入力(マイク)端子とスマホの音声出力(イヤホン)端子を繋いでください。

PC側に音声入力端子が1つしかない場合、スマホか自分の声かのどちらかしか配信に乗せることが出来ないので、USB端子に音声インターフェイスを追加することで解決します。

マイクの用意

配信に自分の声を乗せたい場合はマイクが必要になります。

最初は安価なヘッドセットや、2000~3000円のマイクを購入するのが良いのではないでしょうか。この部分を無料にしたい場合は、配信を声なしで行いましょう。

スマホ画面をPCに出力する

スマホの画面をPCで見れるようにしましょう。

androidとiPhoneでは違うソフトを使うことになるので、それぞれ紹介していきます。

androidの場合

androidは「mobizen」というソフトを使います。

androidに「mobizen ミラーリング」をインストールしてください。

USBケーブルで有線接続する場合は、スマホの設定より「開発者オプション」を選択し「USBデバッグ」にチェックを入れます。

mobizenをスマホ側で起動しIDを登録する(Googleとの連携するのが簡単)。スマホの画面の指示にしたがって、以降PC側の操作もしていきましょう。

PC側はブラウザより「Mobizen公式サイト」にアクセスし、こちらでもログインを行ってください。

認証キーが表示されるので、スマホ側で入力すればPCとの接続が完了しスマホ画面がPC上に現れます。

ブラウザ側の「フルスクリーン」にチェックを入れるとスマホの画面が大きく映り配信しやすくなります。

iPhoneの場合

AirseverかLonelyScreenをパソコン側で起動してください。

iPhoneの下部メニューから、AirPlayを選択します。

ミラーリングにチェックを入れたら、PC上にスマホの画面が現れます。

mobizenにも言えることですが、PCとスマホは同じWi-Fi(無線LANルーター)に繋ぐ必要があるので注意してください。

配信設定

PC内で流れている音の全てが配信に乗るため、自分で配信確認をしていると音声が2重になってしまうので注意が必要です。

配信画面を確認しながら配信を行いたいなら、配信確認に使っているブラウザの音量をミュートにしておくことをオススメします。

配信設定は主に、Mirrativの配信準備ページにある「配信の仕方(後編)」を見ながらOBS studioに設定しましょう。

一度設定をすれば、次回からは同じ設定のまま配信が行えます。

以下は、OBS studioの使い方についての補足となります。

配信画面を調整

OBSのウィンドウ下部に「ソース」という項目があるので、「+」マークをクリック。

基本的には「ウィンドウキャプチャー」で大丈夫なので、特にいじらず「OK」をクリックするとデスクトップ上にあるウィンドウを選択する画面が出ます。

プルダウンメニューより対象のウィンドウを選択して「OK」すれば配信画面に追加されます。

配信したいのがスマホの画面であれば、mobizenやAirserverのウィンドウを選ぶことになるので、ウィンドウキャプチャーでソースを作っておくと、対象ウィンドウが他のウィンドウで隠れてしまっていても配信画面に影響がでないです。

作ったソースは、赤い枠で囲まれた状態で表示されるため、四隅にある◯をつかむことでサイズの変更が行えます。

ウィンドウの一部だけを映したい場合は、Altを押しながらサイズ変更すると映す範囲の変更も行えます。

必要のないソースを削除したい場合は「-」をクリックすれば大丈夫ですし、ソース同士を重ねた時より最前面に持ってきたいウィンドウは、「Λ」「V」マークで優先順を操作することが出来ます。

Mirrativのコメント欄表示

PCで配信すると視聴者からのコメントは、配信開始後のブラウザ画面にあるコメント欄に表示されます。

視聴者にもコメントを見せたい場合は、OBSにて対象のブラウザページをソースとして追加する必要があり、配信開始後にしか表示されないため、テスト配信を行い予めコメント欄の位置だけ表示するよう配信画面を調整しておくことをおススメします。

Mirrativに配信画面を出力するための設定

これはMirrativの配信準備画面にある「配信の仕方(後半)」で説明されているのですが、OBSの右下の「設定」より対象箇所を変更します。

一度設定すれば、次回以降は特に設定を変える必要はありません。

  • 出力の項の「詳細」をクリック
    • ビットレート:512
    • キーフレーム間隔:2
    • プロファイル:baseline
  • 出力の項の「音声タブ」を選択
    • 全てのビットレートを64に
  • 映像の項
    • 出力解像度を横幅900以下の適当なもの
  • 詳細設定の項
    • 自動的に再接続のチェックを外し無効に
  • 配信の項
    • 配信種別をカスタムストリーミングサーバーに
    • URLにMirrativ配信準備ページにあるOBS用URLを入力
    • ストリームキーにMirrativ配信準備ページにあるキーを入力

OBS用URLとキーはかなり長いものになっており、Mirrativ配信準備ページには簡単にコピー出来るアイコンが用意されているので心配しなくても大丈夫です。

実際に配信してみましょう

OBSの「配信開始」をクリックした後に、Mirrativ配信準備ページにある「配信開始」をクリックすると実際に生配信が開始されます。

初めての場合は、配信タイトルを「テスト配信」等にし気軽に試してみるといいかもしれません。

配信ページはブラウザで開けば自分でも確認出来るので、画面の調整等も行えます。

自分の配信を確認すると、実際の音と配信の音とで二重に音が流れてしまうので、ブラウザの音量はミュートにしておきましょう。

ミラティブはスマホだけで配信することが出来るので、PCを使わないでスマホで配信してみたい方はこちらを参考にしてください。↓↓

ゲーム実況できるミラティブ!生放送でマルチやガチャ&画面録画 Mirrativ, Inc.posted withアプリーチ ...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)