MixHost(ミックスホスト)で独自ドメインを設定する方法

MixHost(ミックスホスト)では独自ドメインも取り扱っており、ドメイン専門業者(レジストラやリセラー、以下レジストラ)と比較しても割安な料金設定となっています(下記参照)。

ただし、WHOIS情報公開代行が有料オプション(500円/年)となっているため、情報公開代行が必要であれば割高となります。

情報公開代行を利用する予定があれば、無料対応のムームードメインやスタードメイン等でドメイン契約すると良いと思います。

ここでは他社レジストラで管理しているドメインの設定方法について紹介します。他社のドメインをMixHostで利用する方法は2通りあります。

1つは「MixHostのDNSサーバーを利用する」、もう一つは「レジストラのDNSサーバーを利用する」です。

ここでは、最も一般的かつ簡単なMixHostのDNSサーバーを利用する方法を紹介します。

レジストラの設定変更

MixHostで他社管理のドメインを利用するには、MixHost側の設定と管理先(レジストラ)側での設定が必要となります。どちらから設定しても問題ありませんが、DNSの設定反映に時間が必要なので、最初にレジストラ側の作業を行うと効率的です。

ここではレジストラとして、ムームードメイン、スタードメイン、バリュードメイン、お名前.comを例に説明します。基本的な設定方法は同じなので、他のレジストラでも参考となるでしょう。

少し語弊がありますが、ドメインのアクセス先をMixHostへ向ける作業だと思ってください。

MixHostの公式サイトで公開されていますが、以下の情報が必要となります。そうそう変更される情報ではないので、このまま利用しても大丈夫です。

ここでは独自ドメイン「example.com」を例に説明します。

ムームードメインでの設定

1・ムームードメインのコントロールパネルにログインします。

2・メニューの「ネームサーバ設定変更」を選択。

3・対象ドメイン(example.com)の「ネームサーバ設定変更」をクリック。

1・「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」を選択。

2・MixHostのネームサーバーのアドレスを入力。

3・「ネームサーバ設定変更」をクリック。

これでムームードメインの作業は終了です。

スタードメインでの設定方法

1・スタードメイン(ネットオウル)のコントロールパネルにログインします。

2・メニューの「管理ドメイン一覧」を選択します。

3・ネームサーバーの設定を変更したいドメイン(example.com)の「ドメイン管理ツール」をクリック。

「ネームサーバーの確認・変更」をクリック。

1・MixHostのネームサーバーのアドレスを入力します。

2・「確認画面」をクリックします。

これでスタードメインの作業は終了です。

バリュードメインでの設定方法

1・バリュードメインのコントロールパネルにログインします。

2・メニューの「ドメイン」を選択します。

1・メニューの「ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)」を選択。

2・ネームサーバーの設定を変更したいドメイン(example.com)の「ネームサーバー」をクリック。

1・MixHostのネームサーバーのアドレスを入力。

2・「保存する」をクリック。

これでバリュードメインの作業は終了です。

お名前.comの設定方法

1・お名前.comのコントロールパネル(ドメインNavi)にログインします。

2・対象ドメイン(example.com)のメニューからネームサーバーの「変更する」をクリック。

1・「他のネームサーバーを利用」タブを選択。

2・MixHostのネームサーバーのアドレスを入力。

3・「確認画面へ進む」

これでお名前.comの作業は終了です。

MixHostに独自ドメインを設定する

レジストラでの作業が完了したので、MixHost側の設定を行いましょう。

  • MixHostのコントロールパネル(cPanel)にログイン。
  • 2・ドメインカテゴリにある「アドオン ドメイン」を選択。   

  • 「新しいドメイン名」にドメイン名(example.com)を入力します。
  • サブドメインは自動的に入力されます。
    • ここのサブドメインは example.com のサブドメインのことではありません。
    • 初期ドメインのサブドメインであり、動作確認用の「example.初期ドメイン」が自動的に追加されます。初期ドメインは「ユーザー名.mixh.jp」または「ユーザー名.mixhosted.net」であり、例えば「example.ユーザー名.mixh.jp」となります。
    • サブドメインには example.com と同じドキュメントルートが設定されます。そのため、サブドメインで example.com と同じウェブサイトへアクセスできます。つまり、レジストラで作業したDNSの設定が反映されるまで、このサブドメインでテストを行えます。
  • 「ドキュメントルート」も自動的にドメイン名が入力されます。
    • 後述する「ディレクトリ構成」を参考にしてください。
    • 標準では「/home/ユーザー名/ドメイン名」がドキュメントルートとなります。
    • ドキュメントルート(ディレクトリ)を自由に指定できます。重複する可能性の低いドメイン名が一般的です。
  • 「このアドオン ドメインに関連付けるFTPアカウントを作成します」をチェックすると、自動的にドキュメントルートをホームディレクトリとするFTPアカウントが生成されます。
    • MixHostではFTPアカウントを自由に追加できるので、ここで作成する必要はありません。
  • 「ドメインの追加」をクリックします。

正しく設定されると、独自ドメインのリストに追加されます。

MixHostにサブドメインを設定する

ドメインカテゴリの「サブドメイン」を選択します。

  • ここでは「blog.example.com」を設定します。親ドメイン「example.com」が設定されている必要があります。
  • 「サブドメイン」に「blog」と入力します。
  • 「ドメイン」のリストから「example.com」を選択します。
  • ドキュメントルートは自動的にドメイン名が入力されます。
    • 親ドメインと同様に変更可能です。
  • 「作成」をクリック。

まとめ

以上の通り設定を終えると独自ドメイン(例 example.com)でMixHostにアクセスできるようになります。

DNSサーバーの設定変更はすぐに反映されません。そのため変更前のアクセス先を参照することや、エラーが発生することがあります。設定に間違いがなければ、しばらく待ちましょう。

OSやWebブラウザが変更前のDNS情報をキャッシュしていることもあります。

必要に応じてキャッシュの削除が必要です。普段利用していないブラウザを利用すると正常に動作することがあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)