内部リンクの最適化と被リンクの関係性

内部リンクを最適化することで、ユーザビリティの向上、クローラーの巡回を促し、サイトのSEO効果が高まります。ブログ運営において欠かせない点であり、しっかり行うことでグーグルからの評価・ユーザーがブログで必要な答えを見つける手助けにもなります。

内部リンクの最適化とは

Googleは内部リンクを評価する条件として、

  • 質が高いページからのリンク
  • 関連性の高いページからのリンク

の2つを挙げており、サイト内にあるページ同士がリンクし合うことでサイト全体が強化されていきます。

コンテンツ内から関連性の高いページにリンクを張ることで、ユーザビリティーの向上と同時に、記事同士の結びつきが高い構造となり検索エンジンから評価されるようになります。

内部リンクの最適化ポイント

  • アンカーテキストにキーワードを含める
  • パン屑リストを作る
  • 重要なページに内部リンクを集める
  • 関連性の高い記事にリンクする
  • サイトマップを作る

コンテンツ内に関連記事のリンクを設置する

コンテンツ内に設置された関連記事へのリンクは、ユーザーにとって親切であり、サイトの回遊性を促すことができるため、非常に有益な内部リンクとなります。

サイドやフッターなどの共通部分よりも、記事内のリンクは重要性が高いため、コンテンツ内に関連性の高い記事へのリンクを設置することで、記事同士の結びつき向上につながります。

重要なページにリンクを集める

コンバージョン記事やSEOで上位表示させたい有益コンテンツなど、重要性の高い記事がある場合には、コンテンツの上部/下部などに “おすすめ記事” としてリンクを設置するのも有効な手段でしょう。

これはSEOだけでなく収益性の観点から見ても有効です。メインキーワードだけでなく、個々の記事に訪れたユーザーをコンバージョン記事へと誘導することで、ブログの収益アップにもつながります。

アンカーテキストにキーワードを含める

リンクを張る際には、「こちら」や「詳しく見る」といったテキストではなく、リンク先のページが分かるように、キーワードを含めたアンカーテキストを設定することが大事です。

今ではカード風にしたりなど、色々なリンクの貼り方がありますので、自分に合った方法で試してみると良いと思います。

被リンクとは?

被リンクとは、外部のサイトから設置されたリンクのことを意味します。

最近のSEO対策では “コンテンツの質” の重要性が増していますが、今でも「被リンクはSEOの重要なランキングファクター」であることに変わりはありません。

被リンクはいわば、サイトを評価する支持票であり、質の高い被リンクを多く集めることで上位表示の実現に貢献します。

被リンクは数よりも質が重要

検索エンジンは被リンクを評価するに当たって、「数ではなく質」を重要視しています。

直接的な被リンク数はサイトAの方が多いですが、質を考慮するとサイトBの方が「多くの支持票を集めているサイトから支持」されており、価値の高いサイトであると評価できます。

SEOで大切な被リンクの考え方

自ら低品質な被リンクをたくさん張るなど誤った外部対策を行うと、スパムと判断されペナルティを受ける危険性があります。

スパムを受けないためにも、以下の被リンクに気をつけましょう。

  • 不自然な被リンクの付き方
  • 偏ったIPアドレスからの被リンク
  • アンカーテキストが同じ
  • 関連性の低いサイトからの被リンク

低品質なサイトからの被リンク 

検索エンジンは日々進化しており、自作自演の被リンク対策はペナルティを受けるリスクが高く、これからはより一層小手先のテクニックは通用しなくなります

人為的に張られた被リンクには、どうしても規則性や不自然な点が生まれてしまうため、検索エンジンに見抜かれてしまいます。

被リンク対策に費やす労力を、徹底的に親切なコンテンツ作りに向けるべきです。本当にユーザーに有益なコンテンツであれば、ブログで紹介されたり、SNSで拡散されたりと、自然と被リンクが付いていきます。

ブログSEOを意識した「被リンク対策」ではこの考え方が重要であり、これこそが最大の外部対策と言えるのではないでしょうか。

忘れてはいけない発リンク

発リンクとは、自分のサイトから外部サイトにリンクを張ることであり、内部リンクだけでなく「発リンク」もまた、質の高いコンテンツ作りには重要です。

引用や関連性の高い記事へのリンクで情報を補うことは、ユーザーにとって有益であり、情報の信憑性を証明することにもなります。

発リンクはページのリンクジュースが失われてしまう等、外部サイトにだけメリットがあると思われがちですが、関連性が高く有益なコンテンツへの発リンクは、検索エンジンからも関連性の強いページとして認識され、ページの評価が高まることにもつながります。

そのため、引用や関連性の高い記事へリンクを張る際には「nofollow」を付与する必要はありません。

まとめ

ブログアフィリエイトで稼ぐためにはSEO対策は欠かせません。Google検索エンジンで上位表示できれば、中長期的なトラフィックが生まれ、ブログの収益性が高まります。今回の記事ではSEOの基本となる部分でもありますが、このひと手間があるかないかは後々に大きな差が出てくる可能性があります。長期でブログ運営をするためにも、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)