ネットマナーとネットリテラシーとROM専と…

よくネットリテラシーはネットマナーと勘違いされがちですが、ネットマナーはネットの対人マナー(一昔前はよくネチケットとか言ったりしました)、ネットリテラシーはインターネットを理解し正しく利用出来る能力という意味です。

ネチケットは別に法律でも何でもありません。では守らなくても良いのかと言うと、そうでもありません。快適にネット上で人とやり取りをする上では必要不可欠な存在と言えましょう。

ネチケットと言う言葉を知らない、自分は大丈夫と思っている人や自信が無い人もここでネチケットについて再確認してみましょう。 ただ、ネチケットの漠然とした定義は存在しません。

ここで説明する事が完全に正しいとも言い切れないと言う点を頭に入れておいて下さい。

ネットマナーの必要性とは

日常社会の中で、私達は大勢の人と接して生活しています。そんな中、円滑にコミュニケーションを取る為の最小限のルールやマナーがいくつか存在します。

これがなければ、たちまち混乱を招き、社会は上手く起動していかなくなる可能性があります。

インターネットにおいてもそれは同様です。自宅にいながら 行う事が出来ますので自覚は薄いですが、実際に他者と交流しているには変わりありません。

ネット上のものも紛れもなく現実で行われている事なのです。

掲示 板やチャット、メール…これらは直接的ではありませんが人とやり取りしているのは確かですよね。なので、インターネット上でも現実と同じ様にルールやマナーが必要なのです。

相手と面する日常とは違い、相手と顔を合わせず文字だけで会話をする事からネチケットが重要になる 原因の一つです。

普段のコミュニケーションであれば、相手の顔色や声で心境などを少なからず判断出来ます。

しかしネット上では相手の顔が見えない…つまり、その人を判断するのは文字による内容・言葉遣いだけです。

普段であれば問題が無い事を言っても、ネット上では悪く捕らえられる可能性も否定し切れません。

ネチケットとは、ネットワークエチケットを略した言葉です。ネットマナーと言う言葉でも知られており、ネットをする上で最低限守るべき事、一般常識と言える事を指します。

当たり前の事なのですが、自分では気付かない内にネチケットを守っていない人も少なくありません。

現実に人と接しているのではなく、ネット上という顔の見えないやり取りと言うものは意外と難しいものです。

「初心者だから」「子供だから」ネチケットは分からない(守れない)、という言い訳は好ましくありません。それらを言い訳にすれば何をしても、またはどんなミスをしても許される訳ではありません。 反面、最初は誰しもが初心者です。

よく読んでも間違ってしまうかもしれません。失敗は誰にでもあることなので、間違いをおかしたなら、次から同じ失敗をしないようにしっかり守る事が重要です。

「嫌われコメント」がもたらすモノ

facebookやTwitter、ブログ、インスタグラムなど、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で行われるコメントのやり取りで、相手の気持ちを害したり、あるいは、自分の気持ちが害されたりした経験はありませんか?

友人や知人とSNS上でコメントをやり取りすることは、対面で会話することと何ら変わりありません。

人間対人間のコミュニケーションです。したがって、いつでも相手への配慮と気遣いが欠かせません。

ところが、SNS上では、相手の気持ちを無視したり、踏みにじったりする「嫌われコメント」をしばしば見かけます。

目の前に相手がいないと、つい気を抜いてしまうという人もいれば、気をつけているつもりでもうっかり書いてしまう人もいます。

「目の前に相手がいないだけで、人はここまで無頓着になれるのか」と呆れることも少なくありません。

「嫌われコメント」に共通すること

「嫌われコメント」に共通する大きなくくりは“身勝手さ”です。

相手の気持ちやその場の空気を考えずに、自分が書きたいことを書いてしまう…それによって相手や周囲の人が気分を害することがわかっていません。

想像力の欠如に起因する“ディスコミュニケーション”と言えるでしょう。

なかには、自分が書くコメントが大勢の人に見られることを忘れてしまう人もいるようで、発信者と関係無く、他のリスナーさんやファンの人達とコメント欄でケンカを始める人まで…

特にYouTubeなどライブで楽しめるコンテンツにおいて、残念なコメントが目立つことも少なくありません。 配信者さんにも失礼であり、コメントの有無に関係無く動画の内容を楽しみたい人の邪魔でしかないことに気づきましょう。

もちろん、感じ方は人それぞれですから、面白くないと感じる場合もあると思います。そんなときはそっと動画を閉じましょう…あなた一人の為にコンテンツを提供してる訳じゃないと思いますし、不快な思いをするなら見なければいいだけです。

無理に他人を自分と同じ感情に巻き込む必要はないのです。先ほども上げた通り、基本的に「嫌われコメント」は場違いな発言が多数です。もう少し世の中の仕組みを勉強してからでないと自分が場違いな発言をしていることにも気付かず、無知をさらけ出すだけで誰も得しません。

コメントをする人の方が少ない

ROM専と呼ばれる人達や移動中などで動画のみを楽しんでる人も多いと思います。本来は配信者と視聴者の手軽なコミュニケーションツールである為、動画の内容にしか興味の無い人にはどうでもいいのでは…なんて感じると思います。

確かにアップされた動画を見るだけなら何も問題はありませんが、最近増えているライブではコメント欄を消していたとしても、生放送であるがゆえ配信者もコメントに反応しなければならず、ひどい場合は邪魔にしかなりません。

コメントすることが悪いわけではありませんし、内容によっては配信者にとって大きな励みや活力になることでしょう。

ですが、コメントをする前に…見ていれば分かる内容ではないのか?聞くより自分で調べた方が早いのではないのか?などなど、一息おいてからコメントをしてみた方がいい内容かもしれませんよ。

なぜなら、コメントをしている人数よりもコメントをしていない人数の方が多いからです。

配信者ただ一人に向けたコメントなのは分かりきっていても、実際にあなたのコメントを目にする人は大勢いるからです。

まとめ

通信費さえWi-Fiなどでクリアすれば誰にでも手軽に動画を楽しめるコンテンツが充実している現在において、子供から大人まで楽しめるようになりました。

その一方で、上記で上げたような人たちも一定数いるのは誰もが感じたことだと思います。

どうしても自分の意見や考えを書きたいのであれば、投稿内容への共感を織り交ぜる、あるいは、表現をソフトにするなどして、書き方を工夫する必要があります。

本気で議論したいなら、然るべき掲示板や、自分のブログで書けばいい話であって、わざわざ“人様の庭”を踏み荒らす必要は無いのです。

あなた自身が「嫌われコメント」をもらったときは、そのコメントを真に受けて、相手に反論したり、攻撃したりするコメントを書いてはいけません。相手はあなたが過剰に反応するのを見て楽しむ「かまってちゃん」かもしれないからです。

当たり障りのないコメントでやり過ごし、他のコンテンツを楽しんでくれてる人の為に時間を使っていきましょう♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)