『盾の勇者の成り上がり』と勝ち組・負け組

異世界転生ものにおいて、初めからチート級の能力を持っていたり、俺強ぇー系の物語が多い中で、この盾の勇者の成り上がりは題名の通り、虐げられる存在から試行錯誤を繰り返して成り上がっていくわけなんですが、はたしてその方法とは!?

物語の始まりとして、4人の若者が異世界に召喚される所から始まります。

4人にはそれぞれ、槍の勇者・剣の勇者・弓の勇者・盾の勇者の称号が与えられており、その名の通り槍・剣・弓・盾を使いこなすことで強力な能力を発揮することが出来るのですが、攻撃に特化した他の三種と違い盾の勇者だけは自分で攻撃するすべを持たず、勝手に召喚した側からも疎まれる存在なのでした。

盾の勇者として異世界に召喚された尚文は、冒険三日目にして仲間に裏切られ、すべてを失ってしまう…。他者を信じることのできなくなった尚文の前に、一人の少女が現れる

現れると言っても、出会い方はあまり良くない出会い方ではあるのですが、自分では戦えない盾の勇者にとって、自分の剣となって戦ってくれる存在はとても大きなもの。

関係性から冷たい態度をとったりすることもありますが、なんだかんだ優しさが垣間見えることも多く、女の子自体が尚文のことを悪く思っていないのが分かるはず。

というか、物語を見ていくと尚文処すべしと感じる男性の視聴者もいるのではないでしょうか(笑)

そしてもう一人欠かせないのが、上の画像にある天使のような女の子。

とても可愛らしい見た目ですが、実はあるものが変身した姿なんですよね。

どちらかというと変身する前の方が本当の姿なんですが、戦いになる時以外は大抵この可愛らしい見た目の方でいることが多いです。

しかし、いざ戦いになると最初に紹介した女の子と同様に盾の勇者である尚文の攻撃役としてしっかり戦力になっていきます。

自分が戦えないからといって女の子を戦わせるなんて…と思う事なかれ、この二人は自分の意志で戦っているのでご安心ください。

人物紹介が先になってしまいましたが、そもそも勇者が召喚される目的として、渦と呼ばれる厄災に立ち向かい、渦によって溢れ出す魔物から町や村を守る存在として召喚されるので、戦いは避けて通れません。

迫力ある戦闘シーンはもちろんのこと、女の子との出会いや成長過程の話もとても面白い物語となっていますので、まだ見た事のない人は一度見てみてはいかがでしょうか?

そして、オープニング曲として使われているMADKIDのRISEという曲がまたかっこいい曲となっていますので、時間のある方は聴いてみてください♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)