WordPressで文字装飾と言えば『TinyMCE Advanced』

WordPressで記事を書いてみると、特にビジュアルモード(ビジュアルエディタ)で、文字に色を付けたり、下線を引いたりとかは出来るのですが、もっとインパクトがほしい…なんて思った事はないですか?

そんな時に必須のプラグイン「TinyMCE Advanced」を使ってみましょう。

TinyMCE Advancedを導入するだけで、文字の装飾以外にも

〇表の挿入

〇フォントの選択やフォントサイズの変更

〇 動画の挿入

などが投稿画面上でいとも簡単にアイコンをクリックするだけで出来るようになります。

このTinyMCE Advancedというプラグインを導入するだけで、記事を書くうえでとても重要な「表現の幅」が飛躍的に向上するわけです。

WordPressでブログ運営するには、もはや必須とも言える、このTinyMCE Advancedをインストールしてみましょう。

TinyMCE Advancedをインストール

WordPressの「ダッシュボード」(管理画面)左側のメニュー一覧から「プラグイン」→「新規追加」を選んでクリック。

表示される「プラグイン検索画面」右上の検索窓にTinyMCE Advancedと入力すると出てくる一番最初に挙がっている「鉛筆のようなアイコン」のTinyMCE Advancedの「今すぐインストール」をクリック。

「今すぐインストール」が「有効化」に表示が変わるので、そのまま続けて「有効化」をクリックしてください。

基本的にTinyMCE Advancedのインストール自体はこれで完了です。

続いてTinyMCE Advancedの設定をしていきます。

TinyMCE Advancedの設定

インストールが完了したら、そのまま「インストール済みプラグイン」の一覧になっていますので、その中のTinyMCE Advancedの「設定項目」をクリックします。

このように、TinyMCE Advancedの設定画面に切り替わります。

まだ何も設定していない状態ですが、すでにTinyMCE Advancedをインストールする前と比べて、メニューが拡張されているのが分かると思います。

上部にこのように各種メニューバーが追加されています。

このままでも便利にはなっていますが、まだTinyMCE Advancedで出来る事はたくさんあります。

アイコンを追加

下の段の「使用しないボタン」の一覧からドラッグ&ドロップで簡単に欲しい機能を自分で選んで追加出来ます。

とりあえず【下線】【背景色】この2つを入れておけば間違いないかと。

他のアイコンは良く見ると、TinyMCE Advancedに最初からある上部メニューバー内の機能とかなり被っているので、確認しながらお好みで選んでください。

追加したアイコンは、位置も自由に並べ替えることが出来るので、自分の使いやすい位置にドラッグ&ドロップで並べ替えておきましょう。

その他の設定

アイコン(機能)の追加以外の設定です。

基本的にはデフォルトでオッケーです。

【高度なオプション】

【管理】

以上です。

「高度なオプション」だけ「段落タグの保持」にチェックを入れています。

「ビジュアルモード」と「テキストモード」の切り替え時に、全然関係ない箇所に「変な文字列」が挿入されるということがたまにあるのですが、ここにチェックを入れることで、極力減らすことが出来ます。

なので必ずチェックを入れておいてください。

あとは初期状態(デフォルト)で大丈夫です。

まとめ

以上がTinyMCE Advancedの基本的な設定の説明となります。

このように説明すると長いですが、一度設定してしまえば、あとは設定項目に行くこともなく、よく使う機能をまるで標準機能のように拡張することが出来るので、必ずインストールしておいた方がいい必須のプラグインだと思います。

ぜひインストールして、ブログ記事で表現する幅を拡張するために参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)