『ウマ娘 プリティーダービー』見ている人に夢を与える娘達

あなたは競馬についてどんなイメージを持っているでしょうか?もちろん、馬券を買って当たりハズレがある以上、立派なギャンブルとも言えますし、好きな馬を応援する娯楽でもあり、馬主として投資となることも。

その人によって千差万別の捉え方になるのも競馬が人気となる要因の一つだと思います。そんな競馬に…というか競馬の主役である競走馬(サラブレット)に焦点を当てたアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』を知っていますか?

登場する歴代の名馬達

このアニメの主人公であるスペシャルウィーク。北海道出身で東京に出てくるまで他のウマ娘と会ったことがなく、育ての親と独自のトレーニングを行いながら、日本一のウマ娘になるため日々奮闘中。チーム〈スピカ〉には拉致同然に連れて来られるのですが、同時期に憧れのサイレンススズカがチーム〈スピカ〉に入ったことで彼女とチームメイトになり、寮でも同室になることに。

スペシャルウィークとは

通算10勝、そのうち競馬の最高峰であるG1レース4勝2着3回と常にトップ争いを繰り広げてきた名馬であり、競馬界では有名な武豊(たけゆたか)を日本ダービー初制覇に導いた馬です。

現役を引退し種牡馬となった後も、シーザリオやブエナビスタという名馬を輩出し、ブエナビスタがジャパンカップを勝ったことにより史上初の父娘制覇を達成しました。

スペシャルウィークの1年先輩にあたるサイレンススズカ。名前の通りもの静かで、感情をあまり表に出さないが実はお祭り好きの一面も併せ持っていたり、レースとなれば快速を活かしスタートからゴールまで先頭を走り抜ける。

サイレンススズカとは

G1こそ1勝しかしてないものの、競馬ファンの心に深く残り続ける名馬。レースっぷりはアニメ同様に圧倒的な速さでぶっちぎり、6連勝で迎えたG1天皇賞(秋)で悲劇が…2番手に10馬身と大きく後続を引き離し、テレビの中継カメラは目一杯引かなければ全ての馬を写しきれないほどの大逃げ。

しかし、3コーナーを過ぎた辺りで突然の失速サイレンススズカはレース中に競走馬の命と言える足を骨折してしまいます。画面には故障した左前脚と、痛みに耐えながらも鞍上の武豊を落とさないよう立ち続けるサイレンススズカの姿が映し出されました。

当時を知る人で映像を見た人は、泣かない人はいないんじゃないかと思います。そして、競走馬の怪我というのはそのまま命の問題となってしまうのです。レース後、予後不良と診断され安楽死の処置が執られました。

歌とダンスが上手く、とても活発で明るいトウカイテイオー。トレーナーから再三チーム入りを打診されても態度を保留していたが、最終的には楽しそうという理由でチーム〈スピカ〉に入ることを決めることに。

トウカイテイオーとは

「皇帝」と称されたシンボリルドルフを父に持ち、自身もG14勝を挙げており、現役最後のレースとなった有馬記念では怪我から364日ぶりのレースで、全14頭中8頭がG1馬という顔ぶれの中、当時の常識を覆し優勝。奇跡の復活と言われますがその後もたびたび怪我に悩まされ引退となります。

引退後は種牡馬として期待されますが、あまり多くの名馬を輩出することは出来ませんでした。

ボーイッシュな見た目をしていますが純情なウオッカ。ダイワスカーレットとは同級生でケンカが絶えないが、ケンカするほど仲が良いと言うように互いのことはよく理解しており、良きライバル関係にあります。

ウオッカとは

牝馬として64年ぶりに日本ダービーで勝利するなど、GI7勝を挙げ当時「史上最強牝馬」と呼び声も高かった名馬。牡馬(オス)の方が有利と言われる競馬において、牡馬混合GI5勝と無類の強さを誇り、年度代表馬や優秀牝馬といった賞も獲得し、数多くの記録を打ち立てました。

有馬記念のファン投票で3年連続1位に選出され、ファン投票での3年連続1位は史上初。今は子供たちに活躍が期待されています。

八重歯が特徴的でクラスの人気者なダイワスカーレット。アイドル的存在でウオッカの欄で先出した通り、ウオッカとは同級生でケンカが絶えないが、互いのことはよく理解しており良きライバル関係にあります。

ダイワスカーレットとは

抜群の安定感を誇り、引退までの12戦において一度も連対(1着or2着)を外すことはありませんでした。これは牝馬として歴代最高記録でもあります。

またダイワスカーレットは容姿の美しさについて、元騎手で競馬評論家の細江純子さんに「人で喩えるならば、デビューしたての頃の宮沢りえ」と喩えれるほど端麗でもありました。

自由気ままで、ウイニングライブでブレイクダンスをやったり、練習でも自己流を貫き、我が道を行くタイプのゴールドシップ。メジロマックイーンが気になるらしく、度々ちょっかいを出してるがその度に自身がひどい目(主に目の部分)に遭い悶絶していることが多い。商売に熱心で、イベントなどの人が集まるところでは焼きそばや弁当を売り歩いています。

ゴールドシップとは

G16勝と実力は申し分なく、競馬ファンからも絶大な人気を誇ったゴールドシップ。その反面で他馬を威嚇したりゲートで立ち上がったり、負ける時は大敗と調教師や騎手泣かせな性格でも話題を集めました。

作中のゴールドシップも現役当時のゴールドシップを見ているようで和ませてくれます。引退後は種牡馬となり、今後生まれてくる子供達の活躍が期待されています。

名門メジロ家の令嬢で、淑女的な振る舞いなどから一目置かれているメジロマックイーン。ゴールドシップにやたら絡まれ、ゴールドシップに命じられたトウカイテイオーによりチーム〈スピカ〉に連れて来られる。押しに弱く、お人よしであり、スペシャルウィーク同様に結局は拉致のような形でチーム〈スピカ〉に加入することに。

メジロマックイーンとは

G14勝と現役時代3着以内を外したのは、天皇賞春秋連覇を目指した天皇賞(秋)でスタート直後に内側に斜行(斜めに走る)してしまい、進路を妨害したことで2着の馬に6馬身差をつけて1位入線するも18着に降着となった1度のみ。

史上初である春の天皇賞連覇をかけたレースでは、デビュー以来7連勝を続けるトウカイテイオーとの「世紀の対決」が大きな話題となり、先行策から抜け出してトウカイテイオーを5着に退け、史上初の春の天皇賞連覇を達成しました。

上記で取り上げたメンツが主人公であるスペシャルウィークが所属するチーム〈スピカ〉の面々になりますが、主人公が通うトレセン学園最強と目されるチーム〈リギル〉には、トレセン学園の生徒会長を務める皇帝・シンボリルドルフを始めとして世代を代表する名馬達が顔を揃えており、強力なライバルとして立ちはだかります。

目指すは日本一のウマ娘

サラブレット(競走馬)とは野球やサッカーのプロ選手と同じく才能と努力によって成績を残すことで己の価値を生み出す選ばれし走る芸術だと私は思っています。

多くの人々が馬にかかわり、愛情を注いで育て、人が馬とコミュニケーションをとりながら、馬のトレーニングをすることで馬は競走馬になるのです。

自分を育ててくれた母の想いに応えるため、スペシャルウィークは日本一のウマ娘になることが出来るのか!個性豊かな仲間やライバルたちも交えて、見守る価値は十分にあると思います。

あなたにとってのニンジンはなんでしょうか?この意味は見てもらえれば分かると思いますよ♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)