悪口には意味も意義もない

誰にでも欠点はあり、夫婦や恋人同士でも100%ピッタリなんて人はいませんよね。

その欠点を許して、包んで、認めう事が大切だと思います。

それは男女の関係だけではなく、友達や仕事の同僚も同じ。

そして、SNSにおけるフォロワーはもっとも当てはまると思っています。


友達や恋人との連絡に欠かせない物から、動画や写真をアップしたり同じ趣味の人が集まって気軽にコミュニケーションが取れるものまで様々なSNSが存在していますよね。

私もLINEやTwitterなんかは毎日使っていますが、皆さんも目にしたことはありませんか?

晒しに悪口や暴言など、せっかく色んな人と繋がれる場であるはずのSNSで、そんな恥ずかしいことをしている人たち。

愚痴や不満なんかは誰でも溜まるものですから、吐き出したい気持ちはとても分かります。

ただ、吐き出す場所を間違えているんですよね…

SNSでそういった行為を行うと、本人ならず周りの人や全く関わりのない人にまでその情報が伝わってしまいます。

お子さんから年配の方まで全ての人が見れますし、内容の良し悪しに関わらず悪乗りしたりする人も出てきます。

誰にでも好き嫌いはありますから、賛成してくれる人もいればアンチのようなことを言ってくる人もいるのがSNSであり、根も葉もない話を付けて本人に伝えられてしまうこともあります。

だからと言ってなんでも我慢しろと言っている訳ではありません。ダメなものはダメときちんと注意することは必要ですし、指摘された側は素直に受け止めることも必要です。

もちろん言い方は関係してきますが…

知り合いから全く知らない人まで見られる可能性がある、ということを理解していない人が多い気がします。

1人のせいでみんなが嫌な思いをするのはおかしいですからね…悪口を聞かされて気分の良い人はほとんどいません。

同じSNSを使う以上はみんなが同じ権利を持っています。それがいつ自分に矢が向くかもわかりません…

ネタです!ただふざけて愚痴みたいに言っただけなんです!と言っても、見る人の中にはネタとわからず真面目にとらえてしまう人もいますし、悪口や愚痴は自分に返ってくるものだと私は思います。

使い方によってSNSは自分を成長させてくれる場所ですし、誰にでも欠点はあると思って接することも大切ではないでしょうか?

悪口を言っているエネルギーがあるならば、もっと他のことにそのエネルギーを向けるべきだと思います。

人のことではなく、もっと自分に目を向けて考えてみれば、SNSというのはたくさんの有効活用できる方法がありますよ。

是非みなさんにも有効的なSNSの活用をして、楽しいネットライフを実現してほしいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)