YouTubeチャンネルにもパワーの強弱が存在する

今回は、YouTubeでのアフィリエイトで主戦力となる特化型チャンネルの攻略方法について解説していきます。

特化チャンネルって?

例えば感動、恐怖、おもしろ系、猫の動画、など特定のジャンルに特化した動画のみを投稿するチャンネルです。

トレンドチャンネルでは、ごちゃまぜに動画を投稿しますが特化型チャンネルでは内容を絞って投稿して行きます。

現在YouTubeチャンネル運営のメイン戦略とも言えます。

多く稼いでるYouTubeチャンネル運営者は必ず特化型チャンネルを持っています。

特化チャンネルのメリット

  • チャンネル登録者がつきやすい

特化型チャンネルはターゲットとなる視聴者の属性を絞ってる為、また動画を見たいと思われチャネル登録率は高いです。

  • アクセスが安定しやすく資産になる

トレンドと違い現在話題になってる動画以外にも、定番なネタや長く再生される動画を投稿してゆきますので再生数が安定しやすい傾向にあります。

  • 大きな収益を生む事が出来る

投稿した動画がずっと再生される為、動画数が多くなれば大きな収益となります。

しかもチャンネル登録者が多くなったチャンネルは、新規で投稿した動画も一気に再生数が伸び動画を上げれば上げるほど資産力が高まります。

特化チャンネルをリサーチ

それでは早速、特化型チャンネルのリサーチ方法について解説して行きます。重要な項目なのでしっかりインプットして下さい。

モデリングチャンネルを見つける

まずはモデリングチャンネルを見つける事から始まります。この作業が上手く行くか行かないかで

今後の稼ぎに大きく影響が出る為しっかりと行なって下さい。現在伸びているチャンネルで開設期間がなるべく近いチャンネルだと効果的です。

ベストは半年以内の運営期間のチャンネルを見つけられると良いですね。

タイトル・編集方法・情報のまとめ方を参考にする

次に動画の内容を見て行きましょう!

なぜモデリングチャンネルが伸びているのかを理由を考えながら動画を見ていって下さい。

タイトルなのか?

編集方法なのか?

扱う情報のまとめ方なのか?

自分で動画を作る際の参考にしていって下さい。

同じキーワードを検索してネタ元を探す

今度は、同じキーワードを使ってネタ元を探してみましょう。

ヒットチャンネルは高い確率でネタ元がネットに存在します。

動画の内容に近いサイトを探してみましょう!

ネタ元のサイトを見つけられたら、そのサイトを参考にして動画を作って行くとモデリングチャンネルと同じように上手く行く可能性が高まります。

参入ジャンル決定方法

見つけたチャンネルと同じジャンルを扱ってジャンルが複数存在するかYouTubeをリサーチして確認してみて下さい。

同ジャンルの複数チャンネルが複数存在し、伸びてるチャンネルが多いのであれば参入する価値はあります。

ライバルが多いと不利だと思われがちですが、YouTubeは関連動画機能がある為、ある程度ライバルがいた方が再生数が稼ぎやすいので問題はないです。

市場の大きなジャンルへ進んで行ってみましょう!

現在需要があるジャンルなのか

次に重要なのは、現在でも需要があるチャンネルなのか?

それを気にしていって下さい。

数年前のチャンネルではデータとしては参考度が低い為、できる限り開設日が近いチャンネルを参考にすると良いです。また、老舗チャンネルでも最近投稿した動画の再生数が伸びている傾向であれば、参考にする価値はあります。

自分が再現できる内容なのか

自分が実際動画を作ると仮定してモデリングチャンネルの動画が自分でも毎日投稿できる内容なのかを判断していって下さい。(絶対に毎日投稿が必須という訳ではありません)

例えば編集難易度が高すぎたり出演や声などが必要な場合は、最初は難しいと思います。

特に出演系は個人差が出てしまうので参考になりにくいです。

声を入れたナレーションは、外注さんを雇うなどして再現できますので、資金に余裕があれば挑戦する必要があります。

最初は、テキスト系動画などの個人差が出にくい編集のチャンネルを参考にすると上手く行きやすいです。

ネタは豊富なのか

参入するジャンルには出来るだけ多くのネタがあると有利です。

特化型チャンネルは動画が多ければ多いほど資産力が高まります。

数動画でネタ切れになってしまうと厳しいのではじめにネタ元サイトなどを確保して動画投稿が継続できるか判断してみて下さい。

特化チャンネル運営の流れ

  • 特化型のネタ元サイトを見つける

ネタサイトを発見したらそこから扱うネタをなるべく多く集めて行きましょう!

動画作成を始める前にある程度ネタがあると作業がスムーズに進みます。

目安としては30個動画分ほどネタをストックすると良いですね。

  • ジャンル関連にする多種多様なネタを入れてから特化度を高める

チャンネル開設当初は知名度も低くデータが取りにくいのでジャンルの中でも多種多様なネタを動画にしてみて下さい。

再生数を見ながら特化度をどんどん上げて行くと効率の良いチャンネル運営ができます。

  • 常にモデリングチャンネルと比較する

そして常にモデリングチャンネルと比べて動画を作って行きましょう!

いきなり同じような再生数にはなりませんが、再生維持率やチャネル登録率は参考になります。

それらを比較して動画を改善しながらチャンネルを育てて行きます。

  • 長い目で運営する事を心がける

特化型チャンネルは、1動画で勝負するよりチャンネル全体で勝負すると考えて下さい。

つまりある程度チャンネルを育てる必要があり動画数を揃える必要があります。

少ない投稿数では伸び具合もわからないのでなるべく長いスパンで考え投稿していって下さい。

投稿を続けて入れば急にアクセスが伸び始めトレンド動画よりもアクセスを稼げますので是非、投稿を続けていって下さい。

特化チャンネル運営の注意点

  • 初めのアクセスはトレンドチャンネルより集まりにくい

確かにトレンド動画に比べると初期の再生数は劣ってきますが、すぐにトレンド動画より稼げるようになるので気にする必要はありません。

  • リサーチ、狙い所を外すと再生されない

最初のリサーチの段階で間違った方向に進むといくら動画を投稿しても一向に稼げない事態に陥る事があります。

リサーチの段階で手を抜かず、しっかりとジャンルを見定めて行きましょう。

コツさえ掴めばリサーチはどんどん出来るようになりますので、ここだけはじっくり時間をかけて構いません。

特化型で長期資産構築するためには

  • 軌道に乗れば一日1万円以上の報酬を得る事が可能

特化型チャンネルは、1日1万円以上の報酬が毎日安定して生み出す事ができます。
この安定感が何と言っても魅力です。

しかも軌道に乗れば動画投稿数を減らしてもある程度は再生されますし、本当に楽になりますので、しっかり特化型チャンネルを育てて行きましょう!

  • リサーチを常に心がける

YouTube市場は変化もするので常にリサーチを忘れないで下さい。

リサーチ力=稼ぐ力 と行っても過言ではありませんのでしっかりと心がけてYouTubeをやって行きましょう。

  • 動画投稿は長期継続する

チャンネルが育つまではしっかりと投稿を継続して行きましょう。

数動画で動画投稿を辞めてしまうと、いくら良いジャンルでもチャンネルを成長させるのは難しくなってしまいます。

毎日何十個も動画を上げる必要はありませんが、ブランクが開かないように動画投稿を続けて行って下さい。

  • 将来的には外注化や予算かけて良い動画を作るまたは、完全自動化を目指す。

最終的にはお金をかけて外注さんを雇って動画の質を上げたり自動自動化を目指して行きましょう!

例えば、動画にナレーションを入れてもらって質を高めたり、動画編集を外注することによって自動的に資産を構築できます。

そのレベルになれば本当に楽になりますので、是非目指して行きましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)